街中を走行している「白黒パトカー」は、実は大きく2種類に分けられます。一方は一般的な犯罪の取り締まりのためのパトロール中心ですが、もう一方はスピード違反などの交通違反の取り締まり専用。しかも、交通違反取り締まり専用のパトカーは制限速度を超えて走行することもできるのです。

パトカーの制限速度超え走行の条件

駐車違反の取り締まりなどを中心に活躍するミニパトなどを除くと、白黒パトカーは「無線警ら車」と「交通取締用四輪車」の2種類に大別できます。無線警ら車は一般的な犯罪を取り締まる部署が使用する白黒パトカー。交通取締用四輪車はその名の通り交通違反取り締まりが中心です。

交通取締用四輪車は、ほとんどが各都道府県警にある交通部に所属する「交通機動隊」や「高速道路交通警察隊」に所属しています。無線警ら車と違い、スピード違反を取り締まる際は道路交通法上、制限速度を超えて走ることができます。

ただし制限速度を超えた走行には、赤色回転灯を必ず回すという条件付き。サイレンも原則、鳴らすことになっていますが、取り締まりに必要な場合に限り、政令で免除されています。

一方、無線警ら車の場合、赤色回転灯を回しサイレンを鳴らしても緊急車両扱いになるだけ。この場合、最高速度は2車線以上の高速道路が100km/h、その他の道路は80km/hになります。

制限速度を無視できる白黒パトカー

緊急車両扱いまでの無線警ら車と、制限速度を無視できる交通取締用四輪車とは、じつはルーフ上の赤色回転灯の取り付け方で判別可能です。

無線警ら車は昇降式の赤色回転灯を搭載するため、昇降機が格納された白いボックスを赤色灯の下に設置。一方の交通取締用四輪車は高速性能を重視するため、赤色回転灯は天井へ直付けです。

また、トヨタ・クラウンの場合、旧型の200系は無線警ら車、交通取締用四輪車ともロイヤルサルーンがベース車両のため車種による判別はできませんでした。

しかし、新型の210系からは交通取締用四輪車のみベース車両がアスリートに変更。210系クラウンのパトカーの場合、ロイヤルサルーンのフロントグリルが水平なのに対しアスリートは斜め格子。ここでも制限速度を無視できる白黒パトカーかどうかを見分けることが可能です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白黒パトカーが制限速度を超えて走行できる条件