数あるクレジットカードのなかでも、ライフカードが発行する「デボジット型クレジットカード」は、過去に延滞のクレヒス(信用履歴)があった人でも作れることを売りにした、珍しいタイプのカードです。事前に保証金(デポジット)が必要ではありますが、その分審査が甘いといわれる、デポジット型クレジットカードを見ていきましょう。

デポジット型クレジットカード年会費

ライフカードが発行するデポジット型クレジットカードは、あらかじめ保証金を預けることで、過去に支払い遅れのクレヒス(信用履歴)が残っているなど、クレジットカードの新規発行が難しい人でも作れるようにしたものです。通常カードのほかに、ゴールドカードも用意されています。

デポジット型クレジットカードでは、預けた保証金がカードの利用限度額となる仕組み。通常カードでは保証金は5万円・10万円の2種類から選べます。ゴールドカードの保証金は20万~190万円の範囲で10万円単位で選択可能です。

また、ライフカードが発行するクレジットカードは年会費無料のタイプが多いなか、デポジット型クレジットカードは年会費を高く設定。通常カードであれば年会費5500円、ゴールドカードは限度額90万円までが年会費11000円、100~190万円では年会費22000円です。

デポジット型クレジットカード使い方

そして、デポジット型クレジットカードはカード受け取り方法も特徴的。カードは代引郵便で届き、受け取り時に年会費+保証金を現金で支払います。例えば、限度額100万円のゴールドカードを申し込んだ場合、受け取り時に102万2千円を現金で用意しなければなりません。

デビットカードと違い、デポジット型クレジットカードの保証金は基本的に決済には使われず、毎月の支払いは別に銀行口座から引き落とされる仕組み。金額分の信用を手に入れるために保証金を入れているといえるでしょう。

デポジット型クレジットカードの使い方は一般的なクレジットカードと同じで、サービスもほぼ同様。ETCカードも、10万円以上保証金を積むことで無料発行が可能です。ただし、キャッシングは利用できません。

年会費だけでなく保証金も必要になるデポジット型クレジットカードにお得な面は皆無。とはいえ、他社も含めてクレジットカードの審査が通らずに困っている人は、審査が甘いデポジット型クレジットカードを検討する価値はあるでしょう。

【関連リンク】
カード審査に落ちた人がやってはいけないNG行動
「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法
公共料金の支払いで得するクレジットカードは?
Amazonゴールドカードの年会費の元を取る方法
クレジットカードのポイントには税金がかかる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「審査が甘い?デポジット型クレジットカードとは