これから放送するラジオ番組や現在放送中のラジオ番組は、市販のラジオレコーダーなどで簡単に予約・録音できます。しかし、聞き逃したラジオ番組となると、PCやスマホでradikoをタイムフリー再生させつつレコーダーに録音するなど、結構面倒くさいものです。そこで、radikoのタイムフリーを手軽に録音できるツールを紹介しましょう。

radikoタイムフリーはどう録音する?

2010年にスタートしたラジオ番組のIPサイマル放送が「radiko」です。電波環境に左右されずにインターネットでラジオが楽しめるようになった画期的なサービスとして話題になりました。

そして、2016年からはradikoでタイムフリーがスタート。タイムフリーは、無料で1週間の過去番組が聞ける機能です。放送時間に聞き逃したラジオ番組が、1週間以内であれば合計3時間までいつでも聞くことができます。

ここで悩ましいのがラジオ番組の録音です。これから放送する番組や現在放送中の番組なら、市販のラジオレコーダーなどで簡単に予約・録音可能です。しかし、聞き逃した番組はradikoのタイムフリーに頼らざるをえません。タイムフリーはどのように録音するのが簡単なのでしょう。

radikoタイムフリー録音に無料アプリ

radikoのタイムフリー録音に便利なツールはPC用が「らじれこ」、スマホアプリが「らくらじ」です。使い方は、インストールして番組を選ぶだけで、あとはワンタッチで聞き逃し録音ができます。

radikoのタイムフリーの3時間制限は、サーバー側ではなくユーザー側で制限をかけていますが、これらのツールは通常のストリーミング同様の挙動をしつつ番組を録音するものなので、高速でダウンロードできる上、制限もありません。

実際の「らくらじ」のradikoタイムフリー録音方法は、エリアを設定後に放送局を選び「タイムフリー録音」を押すと録音(ダウンロード)を開始。回線にもよりますが、1時間番組なら数十秒で録音完了です。「タイムフリー再生」を押せば、録音せずにそのまま聞くこともできます。

【関連リンク】
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「radikoタイムフリーを高速録音できる無料アプリ