3月になり、首都高速から新しい料金プラン案が発表になりました。この案は、今の普通車最大1320円のところを1950円にアップすることに注目して紹介されることが多く、金額だけを見ると大幅値上げのようにも見えます。しかし、もともと首都高速の料金水準は接続する高速道路と同じかそれ以下で、改正後も割安になるパターンも残るのです。

首都高速の料金は大幅値上げイメージ

首都高速は2021年3月12日、2022年4月から実施予定の料金見直し案を発表しました。発表によると、現在ETCを利用した場合の料金上限が普通車1320円のところを2022年4月から1950円にアップ。現金利用については、これまで同様に入口ランプから到達可能な最大金額を適用するため、ほとんどのランプで1950円となります。

1320円から1950円と聞くと、首都高速の通行料金が大幅に値上げされるイメージです。しかし、これまで1320円未満だった料金はそのままのため、料金改正で影響があるのは長距離を走行するドライバーと現金車に限られます。

首都高速の通行料金はETC利用限定で距離制を採用。「走行1kmあたり29.52円に150円を加え、さらに消費税10%を加え10円未満は四捨五入」という計算方法です。この料金はNEXCO東日本の大都市近郊区間と同額で、上限料金に達する長距離ではむしろNEXCO東日本より首都高速が割安になります。

首都高速の料金値上げで深夜割引復活

例えば、首都高速でもっとも長距離の利用となる並木ランプ~さいたま見沼ランプの走行距離は86.6km。通常の計算方法では普通車2980円にも達します。しかし、2022年4月以降も1950円以上には上限料金が適用されるため、NEXCO東日本路線の水準と比べると1000円以上も割安のままです。

さらに、2022年4月からの首都高速料金改定案では、0~4時の走行に深夜割引が導入されることもアナウンスされています。首都高速では、ETC限定で距離別料金を導入した2012年1月1日より夜間割引が一旦廃止になり、走行時間帯による割引が実現すればそれ以来の復活です。深夜割引の割引率は20%を予定しています。

また、割引と直接は関係ありませんが、東京外環道を利用する場合の料金の特例もスタートする予定です。これは、常磐道方面と首都高速の湾岸線・神奈川県方面の間を走行する際、外環道経由の通行料金が首都高速経由より高くなる場合、外環道経由の通行料金を首都高速経由の料金と同じにするという内容となっています。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「来年4月値上げ予定の首都高の料金はむしろ割安