個人情報が詰まったHDDが処分業者によってオークションサイトで転売されるという事件はまだ記憶に新しいところ。オークションでの購入者が、HDDをソフトで復元したところ機密情報が見つかり発覚しました。HDDなどの記録メディアのデータは、PC上の削除では、完全に消去されません。データ復元を不可能にする方法を紹介しましょう。

PC内のデータは簡単に復旧できる危険

PC内のデータをゴミ箱から削除しても、復元ソフトを使えば簡単に復旧できてしまう危険があります。「ドリルで穴をあける」「ハンマーで叩き割る」といったHDDを物理的に破壊しても、プロの手にかかれば残留磁気などからデータの取り出しは可能です。

それでは、絶対に外部に漏らせない重要な情報を確実にPCから消去する場合は、どうすればいいのでしょうか?

その最適解が「Hardwipe」という無料ツールです。米国国防総省規格である「DoD5220.22-M」や「グートマン方式」「ブルース・シュナイアー方式」といった削除方式で、データを完璧に抹消。ファイルだけではなく、デバイスのデータを丸ごと削除することも可能です。

HardwipeによるPCデータの完全削除

「Hardwipe」は、記録領域に乱数と固定値を複数回上書きすることで、データを完全に抹消する削除ツール。処理時間はかかるものの、これにより復元ソフトなどによるデータの復旧は不可能になります。

「Hardwipe」によるPCのデータ完全削除の方法は、まず公式サイトよりセットアップファイルをダウンロードしてPCにインストール。ショートカットアイコンをダブルクリックして、ソフトを起動します。

ファイルを削除する場合は「FileData」を選択。削除したいファイルを指定し「OK」を押したら、次に削除方式を選びます。今回は米国防総省準拠の方式である「DoD5220.22-M」を選択しました。「Start」をクリックすれば、処理が始まります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「PCのデータ復元を不可能にする完全削除ツール