レーザーで速度測定する移動式オービスによるスピード取り締まりが全国に広がっています。警視庁でも、2018年7月より移動式オービスによる取り締まりをスタート。2020年1月には長崎県内で初めて、レーザー式の移動式オービスを使った取り締まりが実施されました。レーザー式の移動式オービスの撮影ポイントについて見ていましょう。

レーザー式の移動式オービス撮影距離

レーザー式の速度測定とは、従来の「レーダー・ループコイル・光電管」という3つの方式に加えて、新たに登場した速度測定方式のことです。その名の通り、レーザー照射により走行車の速度を測定します。

レーザー式の速度測定は、三脚にカメラを乗せた可搬式(LSM-300など)や台座に固定された半可搬式(LSM-300HK)などの移動式オービスで導入。このほか、大阪・枚方などに設置された一部の固定式オービスにも採用されています。

レーザー式の移動式オービス「LSM-300」の場合、走行車両を検知し始めるのは約70m手前。オービスの手前25~30mの間で速度超過を判定しています。そして、違反車両を撮影する距離はオービスの20m手前です。

レーザー式の移動式オービス検知区間

そして、驚くべきことに路肩に設置された移動式オービスから照射されるレーザーは、二車線の道路をカバーすること。追い越し車線を走行していないからと安心できません。

現在、オービスの存在を事前に知らせるレーダー探知機にはレーザー対応モデルが登場しています。レーザー対応のレーダー探知機は、レーザー式の移動式オービスの車両検知区間の手前でレーザーを捕らえて、ドライバーに注意を促す仕組みです。

それらの多くは、移動式オービスの車両検知区間となる70m手前より早く、150~200m手前からレーザーを受信してドライバーに注意を促してくれます。ただし、先行車や遮蔽物がある場合は検知が遅くなることもあります。余裕を持って、いつも安全運転を心掛けるようにしましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「移動式オービスの速度測定ポイントは「30m手前」