ゴルファーであれば、全国各地のゴルフ場をネットから予約できる「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」を利用したことがある人も多いでしょう。そのGDOと提携したクレジットカード「GDOカード」は、GDOでゴルフ場を予約したりクラブ・ウエアなどを買ったりするとお得になるというサービス内容になっています。

ゴルフ総合サイトのクレジットカード

「GDOカード」は、ゴルフ関連の総合サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」と三菱UFJニコスが提携して発行中のクレジットカードです。GDOカードには、年会費無料の通常カードに加え、年会費3300円/1万5746円のゴールドカード、2万6400円のプラチナカードがラインアップされています。

GDOは、ゴルフ関連のニュース速報に加え、ゴルフ用品の販売、ゴルフ場のオンライン予約といったさまざまなサービスを展開。なかでも、ゴルフ場のオンライン予約サービスは、楽天の「GORA」などと並び、対応するゴルフ場数で日本最大級といえるものです。

かつて、ゴルフをプレイする場合はゴルフ場の会員権を購入し、メンバー料金でプレイする人が多数派でした。しかし、最近では会員制度のない「パブリック」と呼ばれるゴルフ場も増え、GDOのオンラインゴルフ場予約はこうした時代にマッチしたサービスといえるでしょう。

GDOカードのゴルフ場予約でポイント

GDOには独自のポイントプログラム「GDOポイント」があり、GDOカードで貯まるのはこのポイントになります。そして、GDOカードをGDOオンラインショップで利用した場合、通常カードでは3%、年会費3300円のゴールドカードは4%、年会費1万5768円のゴールドカードでは5%という還元率になります。

また、GDOカードでゴルフ場を予約・プレイした際はプレイ1回ごとにGDOポイントが貯まる仕組みです。このポイントは、通常カードで1回あたり300ポイント、年会費3300円のゴールドカードは400ポイント、年会費1万5768円のゴールドカードでは500ポイント、プラチナカードは1000ポイントとなっています。

さらに、GDOポイントにはGDOカード利用とは別にゴルフ場予約・プレイやショッピング利用金額に応じて決まる「GDOヤード」という仕組みも用意。GDOヤードに応じて決まるグレードとゴルフ場の予約人数により、10~700ポイントをボーナスポイントとして受け取れます。

例えば、最高グレードの「ダイヤモンド」でGDOプラチナカード会員の場合、プレイ料金が1人1万円のゴルフ場を4人で予約・プレイすると1回1000ポイントにボーナスポイント150ポイントを加えた1150ポイントが貯まります。このポイントから還元率を計算すると2.8%。クレジットカードとしては高い部類となります。

【関連リンク】
カード審査に落ちた人がやってはいけないNG行動
公共料金の支払いで得するクレジットカードは?
「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法
クレジットカードのポイントには税金がかかる?
Amazonゴールドカードの年会費の元を取る方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ゴルフに関するポイント還元率の高いカードは?