高額キャッシュバックが期待できる電子決済サービスの1つ「PayPay」。PayPayはネットショッピングや店頭での決済利用だけでなく、アイドル現場や病院など意外な場所でも使えることはあまり知られていません。日々の暮らしを豊かにする、PayPayのお得な使い方を紹介しましょう。

アイドルとのチェキ代もPayPay払い

「PayPay」は事業者側にとっても宣伝・集客効果が高く、導入のメリットが大きいサービスです。導入費用は基本0円な上、加盟店になるための審査もユルく、意外な業種もラインアップされています。

アイドル現場もその1つ。グッズだけでなく、アイドルと写真を撮るチェキ代にもPayPay払いが使用できる場合があり、キャッシュバックも他業種と同様にもらえます。

渋谷区に籍を置く某アイドル事務所は「渋谷区のお店を応援しよう!」キャンペーンと「超PayPay祭」が合わさり、購入金額の40%をキャッシュバック。一度、加盟店認定されればライブ場所が渋谷区以外であってもキャッシュバックされます。

診療費を貯めたポイントでPayPay払い

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、厚生労働省の肝いりで2020年6月から進められているのが、オンラインでの診療や服薬指導です。

こちらでもPayPay払いが利用できる場合があり、その際はモニター上でQRコードの提示と読み取りを行います。保険医療機関は消費者還元事業の対象外のためキャッシュバックはされませんが、二次感染のリスクがなく、貯めたポイントで支払えるメリットは大きいでしょう。

ちなみに「Yahoo!」と「LINE」の経営統合を記念して行われている超PayPay祭では、新規登録者に最大50%、半年間利用のない人にも最大50%のキャッシュバックを実施中。PayPayを始める・再開するなら2021年3月28日までがお得です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「チェキ代も?PayPay払いができる意外な場所とは