「ゴールドカード」といえば、一般クレジットカードにないハイグレードなサービスが利用できる一方で、そのぶん年会費が高くなることがほとんどです。なかには、年会費が3万円かかるゴールドカードも存在しています。はたして、ゴールドカードの年会費は元を取ることができるのでしょうか。年会費の元を取る3つの方法を紹介します。

年会費無料のゴールドカードが確実

「ゴールドカード」の年会費分の元を取る一番簡単な方法は、そもそも年会費が無料のゴールドカードを選ぶことです。「イオンゴールドカード」など、年会費無料のゴールドカードはいくつか存在。イオンカードの場合、通常カードを発行後に年100万円以上利用すると、イオンゴールドカードへの切り替えが可能になります。

また「エポスゴールドカード」は通常は年会費が5000円かかりますが、カード会社からの招待を受けて発行した場合は年会費無料。招待条件は非公開ですが「年50万円以上の利用で翌年以降年会費無料」という条件もあるので、この金額がひとつの目安といわれています。

ゴールドカード年会費の元をとる2つめの方法は、空港ラウンジを利用するというものです。ほとんどのゴールドカードには国内空港ラウンジの優待サービスが付帯。通常1回1000~2000円程度のラウンジ料が無料で、利用回数の制限もありません。

ゴールドカード特典を年会費分使う

空港ラウンジ利用で元を取るには、ゴールドカードの年会費が安いほど有利でしょう。年会費2200円の「楽天ゴールドカード」であれば、往復とも出発ラウンジを利用すれば1回の旅行で元が取れてしまいます。また、年会費1万円前後の一般的なゴールドカードでも、10回利用で元を取れます。

ゴールドカードの年会費の元を取る3つめの方法は、高級ホテルのアップグレードや高級レストラン優待など、ゴールドカードならではのサービスを活用して元を取るというものです。

例えば、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは年会費が3万1900円ですが、レストラン優待サービス「ゴールドダイニング by 招待日和」で予約すると1名分のコース料金が無料。1人3万円のコース料理を一度楽しむだけで、年会費の元がほぼ取れる計算です。

【関連リンク】
カード審査に落ちた人がやってはいけないNG行動
公共料金の支払いで得するクレジットカードは?
クレジットカードのポイントには税金がかかる?
Amazonゴールドカードの年会費の元を取る方法
「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法