AmazonによるAmazonのためのタブレットが、「Fireタブレット」。その中でも1万円切りとあって人気を集めているのが、「Fire HD 8」です。2020年6月に発売された第10世代はフルモデルチェンジされており、CPUは1.3GHzから2.0GHzに、メモリは2GBに増強。microSDカードは最大1TBまで対応できるようになりました。

Fire HD 8のGoogle Playでアプリ導入

「Fire HD 8」のOSは、独自のFire OSを搭載しているため、標準状態ではGoogle Playは使えず、Amazonアプリストア限定となります。ですが、Fireタブレットの需要が増えたことから、大手アプリの多くはApp StoreとGoogle Playに加えて、Amazonアプリストアにも対応。以前に比べて使い勝手は向上しています。

とはいえ、YouTubeアプリは非対応だったりと、まだまだ発展途上です。「Fire HD 8」のFire OSのベースはAndroidOSのカスタマイズ。そのため、Google Playをインストールすれば、そこからGoogle用アプリの導入が可能です。

Google Playをインストールしておけば、普通のAndroid端末のようにAmazonアプリストアにはないアプリも、Fireタブレットで利用できるようになります。ただし非公式の方法なので、中にはうまく動作しないアプリもある点は留意しておきましょう。

Fire HD 8にGoogle Playを入れる手順

Fire HD 8にGoogle Playを強制インストールする手順としては、APK入手サイトでGoogle PlayのAPKをインストール。ただ、それだけでは起動しないので、Googleアカウントマネージャーや開発者サービスなどのアプリも必要になります。

具体的に必要なAPKアプリは「Google Account Manager 7.1.2」「Google Services Framework 9-4832352」「Google Play services 19.5.68」「Google Play Store 17.3.16-all」の4つ。いずれも無料です。それぞれ、APK入手サイトの「APK Mirror」で入手できます。

Fireタブレットは初期状態ではAPKアプリをインストールできないので、設定の中の「セキュリティとプライバシー」をタップ。「不明ソースからのアプリ」をONにします。続いて、APK Mirrorから4つのアプリをダウンロードしてインストール。必ず、記載順にインストールしてください。

インストール後に、端末を再起動。自分のGoogleアカウントでログインすると、Google Playからアプリがダウンロードできるようになります。これで「Fire HD 8」にGoogleアプリをインストールし放題です。

【関連リンク】
闇市化するAmazon「裏コマンド検索」で絞り込む
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
意外に知らない5つのアマゾンプライム会員特典
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Fire HD 8にGoogle Playを強制インストールする