NHKは自宅にテレビがない人からも受信契約を取り付けようとするケースがあります。その典型例がカーナビ付き自動車を持っている場合です。画質も音質も低いワンセグ放送しか映らないカーナビだけ持っていて、地デジ放送を見るのと同じNHK受信料を払うのは馬鹿らしいと考える人も多いはず。しかし、その理屈は通らないのでした。

NHK受信契約にワンセグ契約はない

ワンセグ放送は、地上波デジタル放送(地デジ)が始まったときから用意されたものです。地デジでは、各放送局が使うチャンネル周波数帯を13セグメントへ分割。12セグメントまでを通常の放送に使い、残りの1セグメントでワンセグ放送を行っています。

ワンセグ放送には、12セグメントで行われる放送と比べると「画素数が少ない・フレームレートが少ない・音質が落ちる」といったデメリットがあります。このため、ワンセグ放送受信機能付きのカーナビを持っているだけでNHK受信契約が必要になれば、普通に地デジ用テレビでNHK受信料を支払うより損といえます。

しかし、NHK受信契約を定めた「日本放送協会受信規約」にはワンセグ契約のような特別な規定がなく、地上契約と衛星契約、特別契約の3種類しかありません。ワンセグ放送は地上系放送のひとつのため、ワンセグ放送受信機能付きのカーナビを自動車に取り付けている場合は地上契約を結ぶことになるのです。

世帯契約のワンセグはNHK受信料不要

実は、カーナビのワンセグ機能とNHK受信契約の関係について、過去に「自宅の駐車場ではワンセグ放送は映らないし、そもそもワンセグのためにカーナビを取り付けたわけではない」という理由でNHKと民事訴訟を争った人がいます。しかし、2019年5月に東京地裁が出した判決はNHK受信契約が必要というものでした。

東京地裁が出した判決では、NHK受信契約が必要な理由として、自宅駐車場でワンセグ放送が受信できなくても、移動すればNHKの放送が視聴可能になること、ワンセグ放送を視聴しないという理由だけではNHK受信契約が不要な理由へはあてはまらない、という2点をあげています。

とはいえ、一般家庭であればNHK受信契約はテレビの台数ではなく世帯ごとに1契約という仕組みになっているため、自宅でNHK受信契約を結んでいれば、自動車のカーナビに追加のNHK受信料が発生することはありません。これは、ワンセグ受信機能付携帯電話についても同様です。

一方で、運送会社やタクシー会社などの場合は、所有する自動車の台数分のNHK受信料が必要となり、さきほどの判決後にNHKから受信契約を迫られるケースも実際にあったようです。そのため、トラックの新車カタログを見ると、純正オプションのカーナビではワンセグ放送が受信できないモデルも増えているのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ワンセグが映らないカーナビが増えている裏事情