衛星放送・CATV・ネット配信の普及によって、地域ごとの「テレビ格差」は小さくなりつつあります。とはいうものの、やはり地デジの受信環境は最も重要。関東圏は5大キー局の他に独立U局も放送していますが、地方では3局以下というところも少なくありません。このため、地方では多くのマニアが地デジ遠距離受信に挑戦しているのです。

地デジ遠距離受信に絶対法則はない

地方と都会の「テレビ格差」は今に始まったことではありません。自分の住んでいる地域では放送していないアニメやドラマを見るために、長きにわたりテレビマニアはそれを実現するための方法を研究し、技術を磨いてきました。

地元局とは遠く離れた送信所の電波を受信できれば、地元では放送していない番組を見られることになります。BSやCSの有料放送はお金さえ払えば誰でも視聴できるので、テレビマニアにとってはむしろ隣県の地デジの方が価値があるのです。

地デジ遠距離受信は近隣の局で使用されている周波数、電波の出力、周囲の環境など地理的な条件が大きく影響するもの。絶対的な法則はないものの、地デジ遠距離受信を成功する確率をアップさせるテクニックはあります。

地デジ遠距離受信は、高性能アンテナを使用してアンテナの向きを調整、受信感度の高いチューナー&ブースターを使用するのが基本テクニックです。

地デジ遠距離受信で使われれる奥の手

テレビ受信に使われる一般的な「UHF帯アンテナ」は、14素子程度が多いでしょう。これを20~30素子のアンテナに変更。素子数が多くなればそれだけ指向性が強くなるので、方向調整はシビアになりますが弱い電波をキャッチできる可能性がアップします。

その際、用意しておくと便利なのが「レベルチェッカー」です。電波の強さとともに品質も視覚化できるため、アンテナのベストポジションを探しやすくなります。

弱い電波を増幅するのが「ブースター」ですが、地デジ遠距離受信では使いどころがポイント。ブースターはノイズも増幅させてしまうからです。特定の局の弱い電波を増幅したい時には「0を1にする」のではなく「10を15にする」イメージで活用しましょう。

また、家電メーカーのテレビやレコーダーは十分な感度を備えていますが、地デジ遠距離受信の奥の手としてクルマ用の地デジチューナーも使われてきました。感度が高いものが多く、自宅で利用しているマニアもいるほどです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「地デジ遠距離受信でクルマ用チューナーを使う理由