「オービスガイド」は、実際に調査した正確なオービス情報を公開しているサイト。都道府県別・高速道路別のリストと大きなマップで、最新のオービス情報を確認できます。そんなサイトが提供しているオービスアプリが同名の「オービスガイド」。マップ上に登録された、オービス情報を音声で知らせてくれるナビアプリです。

レーザー式オービスに対応するアプリ

レーダー探知機といえば、レーダー式オービスの存在をいち早く察知してくれる、ドライバーに長く支持されてきたカーアイテムです。しかし、最近は“レーザー式”の新型オービスが登場したことで、これまでのように検知できないシーンも増えてきています。

そして、レーザー式の新型オービスの登場で注目を集めているのが、GPSで付近のオービスを知らせてくれるスマホアプリです。「オービスガイド」は、オービス情報を音声で知らせてくれるナビアプリ。既存のオービス情報はもちろん、移動式オービスの設置地点やネズミ捕りエリア、検問ポイントなどを知らせてくれます。

近年、導入が進む東京航空計器の「LSM-300」といったレーザー式で可搬型の新型オービスも、地図上に設置情報が登録されていればGPSによる検知が可能。また、これまでとは異なる周波数を使う定置式の新型オービス「SWSS」もGPSで事前に知らせてくれます。

オービスアプリで新型オービスを確認

オービスガイドはオービスデータを1000件以上を収録しています。一般的なメーカー製のレーダー探知機は、SDカードなどを使って手動でデータの更新をする必要がありますが、スマホアプリのデータは自動更新です。

このほか、Nシステムは 2000件以上、ネズミ捕りは1500件以上、検問は1000件以上を収録。近年、Hシステムなどの古い機器が撤去されるケースが増えていますが、撤去済みのオービスは速やかにデータから削除されます。

地図上のオービスアイコンにタッチすれば、設置状況や通過時の動画などを確認可能。ドライブ前にコース上のオービスを予習しておくといった使い方もできます。

実際に、オービスガイドでレーザー式の新型オービスの取り締まり情報を確認してみると、登録されているポイントの多さに愕然とするはず。首都高などでも当たり前のように、新型オービスによるスピード取り締まりが実施されていることがわかります。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「急増する新型オービスに今すぐ無料アプリで対応