2020年9月に発売されたアイコムの144/430MHz帯アマチュア無線機「ID-52」は、発売当初の出荷は数百台程度といわれ、1か月後の10月末には多くのハムたちの手元に届けられるはずでした。しかし、10月20日に発生した旭化成エレクトロニクスの半導体工場火災により、2021年2月現在も生産がストップしている状態です。

エアーバンダーが注目するID-52発売

航空無線を受信する“エアーバンダー”に人気があるハンディ受信機は、アイコムの「IC-R30」です。IC-R30はデジタル対応の受信機ですが、アナログ機としての評価も極めて高く、2波同時受信&2波同時録音ができるため、特にミリタリーエアーバンドの受信に力を発揮するからです。

しかし、発売から3年も経過すると物足りなさを感じるようになります。それは受信感触に不安定さが付きまとうところ。AMモードのエアーバンドを受信していると不要なノイズを拾って、スケルチが頻繁に開きスキャンやサーチが止まってしまうのです。

対策として、スケルチを標準の「AUTO」から「LEVEL1~2」に設定して感度を少し落とします。これでスキャン&サーチは不用意に止まることなく快適に回り続けますが、感度が落ちている分、遠方を飛行している航空機が発射した電波の受信には弱くなります。

エアーバンダーがIC-R30を使い込んでいくと、このようなウィークポイントが出てくるのです。そして、注目されているのが2020年9月に発売されたアイコムの144/430MHz帯アマチュア無線機「ID-52」になります。

ID-52の安定した受信感触のメリット

ID-52は、2波同時受信機能を搭載していますが、VHF帯とUHF帯のエアーバンドではBバンドでAMモードの設定ができないため、2波同時受信ができません。これはIC-R30との最大の違いであり、最大の欠点です。

しかし、VHF帯エアーバンドの感度がとても良好で、UHF帯エアーバンドでもしっかりとした感度を全域でキープ。そして何より、感度が安定していることです。不用なノイズを拾って、実測で毎秒59チャンネルの高速スキャン&サーチが止まることはありません。安定したスキャン&サーチは受信の現場では強い武器になります。

ID-52の安定性は、録音機能作動時にノイズによって生成される、2秒程度の無音ファイルを激減。録音データの連続再生がスムーズに行くので、アイコム流の周波数データなどを同時に記録する“最強の録音機能”が、さらに活かせるようになったのです。

ID-52は、IC-R30のようにエアーバンドの2波同時受信はできませんが、安定した受信感触はその弱点を上回るほどのメリットがあるのです。

【関連リンク】
受信機として活用できる最新アマチュア無線機
アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点
八重洲無線のFTM-400Dの受信帯域はフルカバー
受信機能に特化したベストバイモービル機を選ぶ
海外仕様アマチュア無線機は日本製でも使用不可

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「出荷停止中の「ID-52」の気になる受信感度は?