首都圏では新型コロナウイルス感染症の流行が収まりをみせず、東京都心へ通勤する人のなかには、満員電車を避けるために時差通勤を行っている人も多いでしょう。そうした動きを後押しするサービスが、3月15日からJR東日本でスタート。ビークを避けるとJREポイントが貯まるこのサービスは、どのように乗ると貯まるのでしょうか。

JREポイントがオフピークで貯まる

JR東日本が2021年3月15日から開始する「オフピークポイントサービス」は、首都圏エリアでのSuica定期券利用者が時差通勤をした回数に応じて、同社のポイントプログラム「JREポイント」のポイントが貯まるというものです。このポイントを貯めるには、まずSuica定期券の購入とJREポイントの会員登録が必要となります。

オフピークポイントの対象エリアは、成田駅・成田空港駅・成東駅・上総一ノ宮駅・君津駅・小田原駅・大月駅・青梅駅・高麗川駅・本庄駅・古河駅・土浦駅に囲まれた区間。山手線・京葉線・東金線・根岸線・横須賀線・横浜線・相模線・南武線・鶴見線・武蔵野線・埼京線・川越線・五日市線は全線対象で、久留里線は対象外です。

オフピークポイントを受け取るには、まずJREポイントのWebサイトからサービスへのエントリー。その後に各駅ごとに指定された時間帯に登録したSuica定期券で改札口を通過するごとにJREポイントが貯まっていきます。貯まるポイント数は、ピークより早い時間帯が1回15ポイント、遅い時間帯が20ポイントです。

2か月ごとにJREポイント還元を実施

各駅ごとに指定されたオフピークポイント対象になる時間帯は、品川駅が6時30分~7時30分と9~10時、藤沢駅が5時50分~6時50分と8時20分~9時20分といった具合。各駅の指定時間帯を見る限り、東京駅・品川駅・新宿駅・池袋駅に6時30分~7時30分・9~10時に到着する時間帯に設定されているようです。

各駅ごとの対象時間帯を細かく見ていくと、1日2回ポイント還元を受けられそうな乗車方法も存在。例えば、藤沢駅を8時20分に乗車して品川駅で下車し、もう一度品川駅から乗車すれば2回分ポイントが貯まりそうです。しかし、JR東日本へ確認したところ、オフピークポイントが貯まるのは1日1回とのことです。

また、オフピークポイントが還元されるのは2か月ごとで、JREポイント会員に登録すると発行される「JRE POINT交換番号」が奇数の人は奇数月、偶数の人は偶数月に前月までの2か月分が還元されます。例えば、JREポイント交換番号が偶数の場合、2021年6月1日に4月1日~5月31日のポイントが還元される仕組みです。

JREポイントがもらえる対象外パターン

なお、オフピークポイントサービスにはSuica定期券を利用していてもJREポイントがもらえる対象外となる乗車パターンがいくつかあります。ひとつは、乗車駅や降車駅でJR東日本以外が管理する改札口を通過するケースです。例えば、新宿駅で京王線・小田急線の乗り換え改札口を利用した場合は、オフピークポイントサービス対象外です。

この例外があるため、羽沢横浜国大駅~武蔵小杉駅が含まれるケースはどのようなパターンの乗車でもオフピークポイントサービスの対象路線から外れています。改札口が小田急管理の厚木駅、京急管理の八丁畷駅、東京メトロ管理の綾瀬駅からの乗車についても同様です。

東北・上越新幹線を利用するケースでは、新幹線定期券「FREX」「FREXパル」はオフピークポイントサービスの対象外。一方、在来線のSuica定期券でチャージ残高を使い新新幹線へ乗車した場合は、オフピークポイントを受け取れます。ちなみに、Suica定期券でチャージ残高を使い新幹線へ乗車できるのは、2駅以上の区間です。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「JREポイントのオフピークポイントが3月15日開始