iPhoneは顔認証や指紋認証などでロックしてあれば、誰にも解除されることはないと安心している人も多いでしょう。しかし、iPhoneにはロック中でも勝手に操作される危険性があるのです。iPhoneはロック中でも音声認識の「Siri」を起動することが可能。Siri経由で勝手にメールやショートメッセージを送ることもできるのです。

iPhoneはロック解除なしでSiriが起動

iPhoneはいったんスリープモードになると、顔認証や指紋認証、パスコード入力などが必要になります。ロック画面を解除しなければ、基本的に何も操作できません。このため、iPhoneはロック中なら、他人が勝手に操作できないと安心しきっている人は少なくないでしょう。

しかし、iPhoneにはロック中でも操作する方法が存在します。それが音声認識でiPhoneを操作する「Siri」を使う方法です。iPhoneはロック中でもSiriを起動可能。ロック中でもSiriを利用して、さまざまな操作を行うことができるのです。

具体的には、ロック中のiPhoneでサイドボタンを押して「Siri」を起動。iPhone X以降ではホームボタンが非搭載になっていますが、その代わりサイドボタンを押すことでSiriは起動する仕様です。

iPhoneはロック解除なしに電話できる

Siriが起動したら、例えば「メール」と話します。すると「どなたに送信しますか?」と聞かれるので、「奥さん」や適当な友人の名前を答えれば、メールを送信できるのです。

このように、iPhoneはロックしてあるからと安心して他人に渡すのはとても危険な行為。勝手に操作される可能性があるのです。Siriに「電話」と話せば「どなたにかけますか?」と聞かれるので、勝手に発信もできます。

このようにiPhoneはロック中でも他人に操作される危険性があります。iPhone「設定」の「Siriと検索」で「サイドボタンを押してSiriを使用」をオフにしてSiriを使えなくしたり、「ロック中にSiriを許可」をオフにしたりするなど、対策しておかないと危険でしょう。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneロック中でも「Siri」で操作される危険性