中古車を購入する時の目安として重視されるのは、年式と走行距離の少なさ。しかし、それだけでは不十分です。クルマに事故歴がないかも重要なチェック項目。ダメージカーはなるべく避けるのが賢明です。さらに、最近では多発する水害による「水没車」が流通しているとの情報が…。水没車を回避するための裏知識を見ていきましょう。

中古車市場に多数の水没車が流通する

ここ数年、異常気象による水害が多発。中古車市場にも多数の水没(冠水)車が流通しているとの情報が入ってきています。中古車オークションでは、車両の修理履歴などを掲示した上で取引されますが、これはあくまでも業者同士の話です。

業者から個人へ販売される際の告知義務には「骨格部分に破損・修理歴がある車」のみとなっており、「水没」の有無に関しては含まれていません。

水没車を徹底的に洗浄すれば見た目はキレイになりますが、1度冠水してしまうとどんなに洗浄したとしても細かい部分に入り込んだ泥や汚れ、塩分などが電装系に悪影響を及ぼし、最悪漏電による車両火災が発生することもあります。

水没車はトランクの床下がサビている

正直、見た目から水没車か否かを見極めるのは難しいですが、水没車の場合はトランクの床下がサビているケースがあります。中古車を購入する際には、トランクの床下をチェックすることを忘れてはいけません。

また、中古車が水没車かどうかを見分けるには、整備記録簿や前所有者履歴、相場価格のチェックをすることで、回避率がアップします。

整備記録簿がある場合は、前所有者や整備工場の住所をチェック。過去に豪雨災害があったエリアと一致したら危険信号です。また、事故歴が無いのに、相場よりかなり安い価格で取引されている場合も怪しいでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「中古車市場で増加中「水没車」を回避する裏知識