白黒パトカーには大きく「交通取り締まり用」と「パトロール用」に分かれます。街でよく見かける白黒パトカーには、ルーフ上の赤色灯の下に白い箱が設置されているはず。これがパトロール用のパトカーです。そして、見かけたら注意したいのが交通取り締まり用の白黒パトカー。交通違反を取り締まる交通機動隊や高速隊である可能性が大です。

最新の交通取締四輪車の白黒パトカー

白黒パトカーは大きく、交通違反の取り締まり用に使われる「交通取締四輪車」と、パトロール用に使われる「無線警ら車」に分けられます。このうち、交通取締四輪車のパトカーを使うのは、交通違反の取り締まりを専門とする交通機動隊や、高速道路を担当する高速道路交通警察隊です。

交通取締四輪車のパトカーは3000ccのハイパワーモデルで、乗員には追尾・スピード測定の技量が備わっています。外観の特徴としては、高速走行時に風の影響を受けないように、赤色灯がルーフ上の直接載っていることです。

さらに、最新のトヨタ・210系クラウンの交通取締四輪車は、排気量が3500ccにパワーアップ。稲妻型のフロントグリルといった、パトカーらしからぬ「いかつい顔つき」も外観の特徴といえます。

無線警ら車の白黒パトカーに白い箱

一方、無線警ら車の白黒パトカーを使用するのは、自動警ら隊や警察署の地域課です。文字どおりパトロールが主体ではありますが、エンジンは2500ccあるのでそれなりの加速性能を持っています。不審者への職務質問や信号無視などの交通違反の取り締まりが得意です。

無線警ら車の白黒パトカーは、ルーフ上の赤色灯の下に白い箱が設置されていることが外観的な特徴。この白い箱の中には、停車中のパトカーへの追突事故防止のための赤色灯昇降装置のアームが収納されています。

このように、交通取締四輪車のパトカーは同じ白黒パトカーでも無線警ら車とは性能がまったく違うのでした。交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「パトカーの赤色灯の下の箱には何が入っている?