メールアドレスとパスワードによる利用登録が必須のサイトで、ふだん使いのメアドを入力するのは気が引けるもの。そんな時に重宝されるのが、一定期間メールを受信できる「捨てメアド」サービスです。じつは捨てメアドはGmailとYahoo!メールでも簡単に作成が可能。さっそく捨てメアドを量産する方法を紹介しましょう。

捨てメアドをGmailで量産する方法

ウェブサービスを利用するのに、メールアドレスとパスワードによる登録が必須というサイトは多いもの。とはいえ、いつも使っているメアドはちょっと怪しいサイトの登録には使いたくないというのが本音でしょう。

そんな時に利用されるのが「捨てメアド」サービスです。捨てメアドサービスは期間限定で使用できるメアドを発行してくれるので、利用登録のメールのやり取りが可能になるというわけ。とはいえ、わざわざ捨てメアドのサイトにメールを読みに行くのは面倒なものです。

じつは捨てメアドは、GmailやYahoo!メールでも作成することが可能。Gmailは既存のアドレスを使ったサブアドレスを簡単にいくつでも作れます。捨てメアドとして作成したアドレスも同じアカウントとして受信できるのも便利です。

Gmailで捨てメアドを量産する方法は「@」より前の文字列の後ろに「+」(プラス記号)で任意の英数字を加えるか、文字列に「.」(ドット)を加えるかのいずれか。これをサブアドレスとして利用できるのです。

捨てメアドをYahoo!メールで作成する

Gmailで捨てメアドを量産するには「設定」から「すべての設定を表示」で設定画面に入ります。ここで「アカウントとインポート」タブを選択。「他のメールアドレスを追加」をクリックするのです。

すると別ウィンドウが開くので、そこに送信者名と追加したいサブアドレスを入力。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックすれば追加できます。

Yahoo!メールも同様に「セーフティアドレス」という機能を使えば捨てアドとして利用可能。ただし、こちらは最大10個まで。サブアドレスによる送信も可能で、不要になったら削除できます。

設定方法は「設定・利用規約」から「メール設定」をクリック。ここで「セーフティアドレス」を開いて「ベースネーム」と「キーワード」を設定します。「キーワード」の異なるアドレスを最大10個まで作成可能というわけです。

【関連リンク】
闇市化するAmazon「裏コマンド検索」で絞り込む
捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Instagramの検索で使えるお宝系ハッシュタグ

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「GmailとYahoo!メールの「捨てメアド」量産方法