交通取り締まりを専門とする交通機動隊の中でも、選ばれた人間しか乗れないのが白バイです。白バイ隊員は、交通違反の取り締まりに効率のよいポイントをしっかり把握しています。すなわち、白バイが潜んでいる場所はそれだけ交通違反が起きやすいということです。ここでは、白バイが待ち伏せに多用する「交差点」を見ていきましょう。

atrol-bike-spot

白バイが待ち伏せ場所に大きな交差点

白バイが取り締まりで待ち伏せする場所には、原付きバイクの2段階右折無視を狙った「大きいな交差点」があります。原付きバイクの場合、そのまま走り去られることも多いので、取り締まりはパトカーではなく白バイを稼働して待機します。

また、青信号が連続する見通しのいい幹線道路で「ギリギリで信号が黄色から赤に変わる交差点」も白バイの待ち伏せする場所。クルマがスピードに乗っていると、多くの人が交差点に突っ込んでしまいがちなのを白バイ隊員は見逃しません。

青信号が連続した後に通過するギリギリで黄色から赤に変わる信号が設置されている交差点を白バイ隊員はもちろん把握しています。取り締まりの際は、信号が変わったことをドライバーに認識させるために、クルマが停止線に入る手前でサイレンを鳴らすという念の入れようです。

白バイが待ち伏せしている交通違反

右左折禁止エリアの交差点も、白バイが取り締まりで待ち伏せする場所です。カーナビに頼りっきりのドライバーが、慣れていない道路で右左折の指示を読み違えて1つ手前の右左折禁止エリアに入って交通違反となる事例が多いのです。

ナビが指示する場所の1つ手前で右折して、一方通行に入ってしまう交通違反も多発しています。白バイ隊員はそのような信号を各自、頭に叩き込んでいるというわけ。カーナビに頼りきりの人は気を付けたいところです。

見晴らしがよい橋なども白バイが潜む場所。信号が少なくてスピードが出やすいところを白バイは狙います。その場所から、信号が青になって一斉に向かってくるクルマから目星をつけて加速。速度違反を取り締まります。

【関連リンク】
闇市化するAmazon「裏コマンド検索」で絞り込む
捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Instagramの検索で使えるお宝系ハッシュタグ

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイが交差点で待ち伏せするのには理由がある