ETCが導入された当初、普及のネックになっていたのはETC車載器の価格だけでなく、ETCゲートを設置するための費用だともいわれていました。当時は1レーンにつき1億円以上ともいわれていましたが、NEXCO東日本のWebサイトで公開されている情報を見ると、ETCゲートの設置費用は今では大幅に安くなっているようです。

ETCゲートの設置費用がわかる入札情報

NEXCO3社は官公庁に準ずる会社ということで、各種工事に関する入札情報をWebサイトで公開しています。NEXCO東日本の2019年分の入札情報を見ると、北海道支社内のETC設備工事がまとめて入札を行っていて、落札金額は約177億円でした。

しかし、これだけでは料金所のETCゲートの設置費用は分かりません。そこで、入札結果を詳しく見ていくと、「積算内訳書」が公開されていました。積算内訳書とは、公共事業へ入札する会社が事前に「どこにいくら費用がかかるか」を見積もって提出したリストです。

積算内訳書によると、2019年には道央道の大沼公園IC・森IC・苫小牧東ICでETC設備の入れ替え工事を予定。設置に掛かる費用は大沼公園ICが4レーン分で約2億3700万円、森ICが4レーン分で約2億4000万円、苫小牧東ICが2レーン分で約1億6200万円となっています。

ETCゲート設置費用は1レーン6000万円

この金額から計算すると、ETCゲートの設置費用は4レーンの場合は1レーンあたり約6000万円、2レーンの場合は1レーンあたり約8000万円ということになります。

なお、ETCゲートは設置数に関わらず、サーバーなど必ず1台は必要になる設備があります。このため、2レーン設置の方が割高になるのは致し方ないところでしょう。

また、各レーンごとにどのような機器が設置されるかも、積算内訳書からわかります。例えば、入口・出口の両方に必要になるのが第1アンテナと再通信アンテナ・インターホン・バー(発進制御器)といった設備。ETC情報が記録済みかチェックする第2アンテナは入口のみ取り付けられていることもわかりました。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「料金所ETCゲート設置のにいくらかかるかが判明