次々と新モデルが登場するパソコンの世界では、数年前の古いモデルはもはやゴミ同然です。そんな古いパソコンをなんとか再利用したいなら「Chromium OS(クロミウム・オーエス)」を導入するという選択肢があります。実際にドライバー不具合で起動できない古いノートパソコンにChromium OSを導入して再利用してみました。

Chromium OSは低スペックでも動く

「Chromium OS」とは、Googleが提供している「Chrome OS(クローム・オーエス)」のオープンソース版のこと。Chrome OSは、Chromeブラウザ上で各種Webアプリを使うことを前提に開発されています。GoogleドライブやドキュメントといったGoogleサービスに最適化されたOSといえるでしょう。

Chrome OSはWindowsに比べてOS自体が非常に軽く、低スペックの古いパソコンでもサクサク動くのが特徴。「Chromebook」というChrome OSを搭載したノートパソコンは、低スペックな本体を採用することで、モデルによっては2万円を切る低価格を実現しています。

すなわち、手持ちの古いノートパソコンを復活させるのにもピッタリ。Chromium OSはオープンソースなので、さまざまな種類が存在します。中でも導入が最も簡単なのが、Neverware社の「CloudReady」。企業使用はライセンス料がかかりますが「Home Edition」であれば無料です。

Chromium OSをUSBから起動させる

Chromium OSを導入する古いパソコンは、USB端子が付いていればOK。このほか、ブート用のUSBメモリ(8GB以上)も用意します。今回は2007年発売の東芝のノートパソコン「TX/66C」を使用しました。ドライバーの不具合で起動できないジャンクPCです。

まずは同社のWebサイトからWindows版USB Makerをダウンロードします。これはChromium OSをブートさせるUSBメモリを作成するためのツール。USB Makerを起動して画面の指示通りに進み、パソコンにUSBメモリを挿して20分ほど待てば作成完了です。

ブートUSBメモリが完成したら、実際に古いノートパソコンで使用してみましょう。Chromium OSはUSB起動が可能。つまり、通常のOSのようにHDDにシステムをインストールしなくてもOSを起動させることができるのです。

手順としては、BIOS画面を開いて起動の優先順位を「USBMemory」に変更。ブートUSBメモリを挿して、パソコンを起動します。Chromium OSが起ち上がれば成功です。USBからOSの起動が可能なので、起ち上がらなくなった古いパソコンの応急処置にも活用できます。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「古いノートパソコン再利用「Chromium OS」とは