「ダイソーPremium」…それは、100均でありながら、税別200円・300円・500円・1000円などで展開されるダイソーの高級ラインのこと…と、勝手に名付けました。一昔前なら「100均なのに300円は高い、邪道!」と不満を口にする人も多かったものですが「品質が良いならOK、それでも一般商品よりは安い!」とポジティブに受け入れられるようになっています。

ダイソーの防犯ダミーカメラは330円

「防犯ダミーカメラ[ドームタイプ]」は、赤色LEDが点滅発光することで「撮影中ですよ」とアピールします。ダミーカメラなので録画はできません。単3形乾電池×3本で、LEDライトが約3か月点灯します。価格は330円です。

レンズ部分はLEDの懐中電灯などで採用されているコリメンタルレンズで、遠目から見ると広角レンズのカメラに見えます。Amazonでは同等製品が2000円ほどで販売されているので、ダイソーの方が圧倒的にお得です。

「カメラ三脚3段」はアルミ製の軽量三脚で、29~66cmで高さ調整が可能。一眼レフは重いのでさすがに現実的ではありませんが、ミラーレスやビデオカメラ、付属のホルダーを取り付ければスマホも設置できます。価格は550円です。

ダイソーのカメラ三脚は水準器付き

ダイソーのカメラ三脚の雲台には水準器付きで水平を保てる作り。安い割にはしっかり作られています。ちなみに、さらに大型の4段タイプ(全高105cm)もラインアップされていて、価格は同じ550円です。

今回ピックアップしたダイソーPremiumの中で最も高額なのが「サンシェード型テント」。価格は1,100円です。生地は薄めですがUVカット効果があるので、真夏の炎天下でもある程度の使用はOKでしょう。

意外に作りはしっかりしていて、座った状態で2名まで収容できます。バーベキューやプチ家出に便利。ペグも付属しているので、そう簡単には吹き飛ばされません。

【関連リンク】
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
設定が甘い監視カメラ映像をこっそり覗き見する
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「赤色LEDが点滅するダイソーの防犯ダミーカメラ