「オービス」と呼ばれる、自動速度取り締まり機の設置には大掛かりな工事が必要です。このため、オービスは高速道路や幹線道路に設置されるケースがほとんどでした。しかし現在は、生活道路の速度違反の取り締まりに対応するための「新型オービス」が登場。目撃情報が増えている新型オービス3種を見ていきましょう。

目撃情報が増えている新型オービス

近年、警察の課題となっていたのが通学路など生活道路での事故対策。また、オービスの取り締まり地点が固定化してしまうことも課題でした。そこで警察庁では、フレキシブルに対応できる新型オービスの導入を検討してきました。

新型オービスには「可搬式・半可搬式・固定式」の3タイプが存在。そして、そのうち「固定式」の通称「iM」が、2016年3月に埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置されたのです。

固定式といっても標識のようにポールを埋めて設置するため、一定期間での移設も可能。車速の計測はレーダー式です。ただし、ヨーロッパ製のため国内で使用されているオービスとは周波数が異なっています。

その後、目撃情報が増えているのが「半可搬式」と「可搬式」の新型オービスです。半可搬式はバッテリーを内蔵した台座の上に撮影部を搭載したタイプ。当初はヨーロッパのメーカー製で速度計測がレーダー式でしたが、2017年からは東京航空計器の「LSM-300-HK」に変更され、速度計測がレーザー式となっています。

可搬式の新型オービスは三脚で使用

半可搬式の新型オービス上部の撮影部にあるのはストロボ・照準用カメラ・撮影用カメラ・レーザースキャンセンサー発射口。重量は重く、移動させるには600kgに耐えうる台車などが必要です。

可搬式の新型オービスは撮影部を三脚に載せて使用するタイプで、分解して持ち運べます。スウェーデンからやってきたセンシス社の「MSSS」(モービル・スピード・セイフティ・システム)の速度計測はレーダー式です。

撮影部にはカメラとレーダーが装備されており、複数車線を追跡できます。また、バッテリーは8時間程の充電で1,000件の取り締まりが可能と高性能。撮影部の前方に三脚付きのストロボを置いて取り締まります。

2017年には可搬式の新型オービスに、東京航空計器の「LSM-300」が追加。撮影部には、上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーが並びます。こちらはレーザー式の車速測定でストロボ一体型のタイプとなっており、MSSSよりもさらに神出鬼没です。(写真/オービスガイド、板倉正道)

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「神出鬼没「新型オービス」3タイプは何が違う?