家族に存在を知られず、こっそりお金を貯めておく秘密の「隠し口座」。へそくりの保管場所などにピッタリですが、自宅に通帳やキャッシュカードを置いたままだと、何かの拍子に見つかってしまう危険もあるでしょう。そこで、そんなリスクを回避し、うまく隠し口座を持つ方法を紹介しましょう。

隠し口座をクレカの見た目でごまかす

シンプルな方法ですが、口座の存在を隠しやすいのが、クレジットカード(クレカ)機能が付いたキャッシュカードを持つことです。見た目はクレカっぽいので、家族の目に映ってもごまかしやすいのが特徴。さまざまな優遇もあるため、持っていて損はありません。

イオン銀行の「イオンカードセレクト」は、イオン銀行キャッシュカードとイオンカードが一緒になった1枚。ルックスはクレカライクで、銀行口座の存在を隠すのにピッタリ。しかも、対象店舗の買い物でポイント2倍になるカード特典が付帯し、銀行取引でポイント付与もあります。

楽天銀行の「楽天銀行カード」は、楽天カードの一体型。年会費は無料で、クレカを使うと100円ごとに楽天スーパーポイント1Pを付与します。キャッシュカードとクレカのどちらを使ってもメールで利用通知。金利優遇やポイント優遇のサービスも多数用意されています。

自宅に置いてある銀行の通帳が、秘密の隠し口座の存在を発覚させてしまう恐れがあります。そんな凡ミスを避けるためには、ネットバンキングサービスに登録の上、Web明細を申し込みましょう。紙の通帳が不要になるので、口座の存在を隠しやすくなります。

隠し口座でへそくりが倍増する可能性

例えば、三井住友銀行は取引明細を郵送ではなく、スマホやPCでチェック可能。Webならではのサービスもたくさん用意されています。

超低金利の昨今、銀行に隠し口座を作ってへそくりを預けても増えることはまずありません。それなら、ネット証券に隠し口座を開き、株式や投資信託など金融商品で運用する手もあります。

ネット証券の場合、基本的なお知らせはWeb上で管理するので封書が届くことはあまりありません。存在を隠すのに向いているばかりか、運用で資産増も狙えます。うまくいけば、隠し口座のへそくりが倍増する可能性もあるのです。

さらに、ネット証券口座とネットバンクを組み合わせると、よりスムーズに金融商品の取引ができたり、隠し口座の資産管理が容易になります。

Web通帳やWeb明細サービスを併用すると存在も隠しやすくなり、連携口座を持つことでさまざまな優遇も得られます。賢くスマートかつ秘密裏に隠し口座で資産を保有・運用するなら、とっておきのサービスといえるでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「家族に内緒で「隠し口座」を作るテクニック4つ