航空無線の特徴は、管制塔からの呼びかけを同時に多数のパイロットが聞いていること。その中から特定の通信相手を呼び出すための名前が「コールサイン」です。民間航空機が使うコールサインは、世界中のパイロットにも分かりやすいように簡単な法則で付けられています。ただし日本航空のコールサインは「JAL」ではありません。

航空無線のコールサイン共通ルール

無線の世界では交信相手を呼び出す時に使用する名前を「コールサイン」と呼びます。これは航空無線も同じです。世界を股にかける航空無線では世界共通のルールでコールサインを付けて、同姓同名が生じないようにしています。

定期便のように便名が付いている航空機のコールサインは「航空会社名+便名」にするのがルール。同時に、当日は同姓同名のコールサインは存在しないことになるからです。もちろん、翌日は同じコールサインの航空機が飛ぶことになります。

コールサインに使う航空会社名は、全日本空輸を「全日空」と略しても、海外では意味不明です。コールサインは分かりやすいことが大切。となると「ANA(アナ)」となりそうなところですが、英語読みの「オールニッポン」です。

日本航空のコールサインも「JAL(ジャル)」ではなく「ジャパンエア」です。ところが、「ジャパンエア」をコールサインに使う別の航空会社があります。それは「ジェイ・エア」。日本航空のグループ会社なので日本航空の便として運航されているため「ジャパンエア」のコールサインを使っているのです。

航空無線でわかりにくいコールサイン

全日本空輸のローカル路線を担当する航空会社「ANAウイングス」には「アルファウイング」のコールサインがありますが、便によっては「オールニッポン」のコールサインを使用。全日本空輸のアジア方面の国際線や貨物便を担当するエアージャパンも「エアジャパン」のコールサインだけではなく「オールニッポン」を使用します。

AIRDO、スターフライヤー、スカイマークは、会社名がそのままコールサイン。航空無線でコールサインを聞けば、どこの航空会社かすぐに分かります。しかし、そう簡単ではないのがソラシドエア。コールサインは「ニュースカイ」です。

これはソラシドエアが、スカイネットアジア航空が社名変更してできた航空会社のため。旧社名のコールサイン「スカイ」に、新会社なので「ニュー」を頭に付けたわけです。

LCCのジェットスター・ジャパンのコールサインは「オレンジライナー」。コールサインだけではどの航空会社か想像がつきませんが、機体を見れば一目瞭然。ジェットスター・ジャパンの機体にはオレンジの星が描かれています。

【関連リンク】
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
航空無線の受信におすすめのハンディ受信機4選
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「日本航空のコールサインは「JAL」ではなく何?