「Suica」が登場したのは2001年のこと。今年が20年目にあたります。その間に、全国各地の鉄道・バスでは交通系ICカードの導入が進み、SuicaエリアでICOCAが使える…といった相互利用が進行。今ならSuica1枚あれば全国各地の鉄道・バスに乗れそうですが、実は交通系ICカードは導入していてもSuicaが使えない路線もあるのです。

Suicaエリアで使えない交通系ICカード

数ある交通系ICカードのなかでも、JR東日本の「Suica」、JR西日本の「ICOCA」など10種類のカードは「全国相互利用サービス」対応です。このため、SuicaエリアでICOCAで乗車、逆にICOCAエリアでSuicaを利用することが可能。乗車だけでなく、券売機でのチャージも行えます。

一方で、全国各地では全国相互利用サービスの対象とならない交通系ICカードも発行されています。例えば、北海道の札幌市内とその近郊を走る地下鉄やバスで使える「SAPICA」、ことでんグループの鉄道・バスで利用可能な「IruCa」といったカードです。

こうした交通系ICカードは、全国相互利用サービスの対象路線では使用できません。しかし、多くの交通系ICカードシステムは「片利用」と呼ばれる逆パターンの乗車には対応。例えば、SAPICA対応路線にはJR北海道発行のKitaca、あるいはSuicaなどの全国相互利用サービス対応カードで乗車可能です。

Suicaが片利用でも使えない路線は減少

しかし、なかにはSuicaやICOCAなどでも片利用で乗車できない交通系ICカードシステムも存在します。例えば、福島交通のバス路線で使える「NORUCA」、富山地方鉄道が発行する「ecomyca」といったシステムです。

これらの交通系ICカードシステムは、ICカード利用による割引がセットになっているものがほとんど。ecomycaであれば、富山市内中心部のバス料金が30円割引になるほか、市内電車を乗り継ぐ際に追加料金がかからないといったサービスが用意されているのです。

とはいえ、全国相互利用サービス対応カードが使えない路線は年々減少しています。最近では、沖縄県のモノレール・バスで使える「OKIKA」が片利用の導入の検討をスタート。モノレールのゆいレールが先行して片利用のサービスをすでに開始しています。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Suicaが使えない交通系ICカードの路線はあるか?