JR東日本が首都圏で運行している普通列車には、グリーン車自由席を連結している区間があります。快適な座席だけでなく、混雑が少ないということで、最近はソーシャル・ディスタンスを気にして利用するケースも多いようです。そして、今ならJRE POINTを活用するとグリーン車自由席へお得に乗車できるのです。

普通列車のSuicaグリーン券へ交換する

JR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」は、貯まったポイントを1ポイント=1円でSuicaチャージに交換して使用するのが一般的です。とくに、モバイルSuicaなどスマホ内蔵Suicaの場合、JR東日本路線へSuicaで乗車すると100円につき2ポイントが貯まるため、還元率は2%とお得です。

しかし、JRE POINTをより効率よく活用する方法は別にあります。それが、普通列車のSuicaグリーン券へ交換するというものです。JRE POINTには、さまざまな商品と交換するサービスも用意されています。Suicaグリーン券への交換ポイントは600ポイントで、このグリーン券は曜日や乗車距離に関係なく1度利用できるのです。

JR東日本が普通列車でグリーン車自由席を設定しているのは現在、東海道線・横須賀線・宇都宮線・高崎線・常磐線・湘南新宿ライン・上野東京ラインの7路線。グリーン車の座席はリクライニングシートで長距離を快適に移動できるほか、別途グリーン券が必要となることから混雑が少ない点もメリットです。

500ポイントでSuicaグリーンへ交換

Suicaグリーン券は距離や曜日で料金が異なり、通常購入すると平日は50km以下が780円、51km以上が1000円。土曜・休日は50km以下が580円、51km以上が800円となっています。つまり、JRE POINT600ポイントをSuicaグリーン券へ交換した場合、土曜・休日の50km以下のほかは1ポイント=1円以上で交換できるのです。

さらに、JR東日本では2021年1月31日までの期間限定で、JRE POINT500ポイントでSuicaグリーン券へ交換できるキャンペーンも実施中。交換レートが100ポイント分下がることで、キャンペーン期間中はすべての普通車グリーン車利用パターンでJRE POINTから交換したSuicaグリーン券の方が割安となります。

なお、JR東日本の普通列車グリーン車は、同じ方向へ乗り継ぐ場合は改札口を出ない限り1枚のSuicaグリーン券で乗車可能。そこで、宇都宮駅~熱海駅のように200km以上乗車した場合でも、キャンペーン期間中は実質500円でグリーン車が利用できるのです。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「JRE POINTがSuicaグリーン券キャンペーン実施中