デジタル放送をHDDに保存する際、CCI(コピー制御情報)によりコピー回数が制限されます。無料放送はダビング10、有料放送はコピーワンスでメディアに焼くとムーブとなって消えてしまいます。そこで、テレビマニアが有効活用しているのがHDMIの入出力端子を備えた「HDMI裏レコーダー」です。

HDMI裏レコーダーは広く応用できる

「HDMI裏レコーダー」は、BDレコーダーとテレビの間にHDMIケーブルで挟み込むように接続。そして、そのHDMI裏レコーダーに外付けHDDなどをUSBでつなぐと、HDDに録り溜めた番組をバックアップできるのです。

BDレコーダー側の操作はあくまで再生しているだけ。HDMI裏レコーダーでその映像信号をHDMI経由で取り込み、動画ファイルとして保存する仕組みです。それゆえ、当然コピー回数は消費されません。

この手法はHDMIで接続する機器に広く応用可能です。例えば近年、幅を利かせている中華製Android TV Boxの各種映像などにも対応。Liveテレビ系アプリで、東京から大阪の番組を視聴しながら録画する…なんてこともできてしまいます。

さて、そのHDMI裏レコーダーの老舗ブランドの一つが「CAT PRO HD」シリーズ。基本的にはPC不要でリモコンで操作する「家電型」のHDMI裏レコーダーとして知られます。

HDMI裏レコーダーの裏コマンド操作

HDMIケーブルから伝わる映像信号は、不正コピー防止のため著作権保護の「HDCP」により暗号化されます。HDMI接続した機器での録画番組などのキャプチャは本来不可能なのです。しかし、CAT PRO HDシリーズでは裏コマンドによって業務用モードに入ることで、このHDCPを回避できるようになります。

現行モデルは簡易型の「CATPRO HD1300」、4K出力に対応した上位モデルの「CAT PRO HD4K」。さらにそれをベースに、再生機能を搭載した最上位モデル「CAT PRO HD4K PLAY」がラインアップに加わりました。

CAT PRO HD4K PLAYは、既存の「CAT PRO HD4K」に再生機能&リモコンが付いた最上位機。4K/30Hz入力であれば、4K画質での保存が可能です。裏コマンドは電源を入れた状態で、H.265/H.264ボタンを長押しします。

映像入力端子はHDMI×1、映像出力端子はHDMI×1。出力解像度は最大3840×2160ドットとなります。インターフェースはUSB×1、LINE音声入出力×1、マイク×1です。サイズ/重さは115W×25H×115Dmm/250g。実勢価格は49,800円です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「最上位&最新「HDMI裏レコーダー」の裏コマンド