Windows10には操作性がアップするさまざまなコマンドが存在しています。その代表格として知られているのが「GodMode」です。日本語に直訳すると「神モード」となる隠しコマンドは、デスクトップ上で新規フォルダを作成して、その名前を特定の文字列に変更するというもの。コントロールパネルの内容をエクスプローラーの形式で表示できます。

Windows隠しコマンドで使う文字列

Windowsを長年使っているユーザーにとって「コントロールパネル」は、何かを設定変更しようとするとまず最初に参照する場所。とはいえ、Windowsが進化するたびにコントロールパネルの重要度は下がる一方です。

実際、Windows10のコントロールパネルは、どこにあるか分かりづらくなっています。アクセスするには、スタートメニューの「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」を選択。ただし、コントロールパネルはどこに何の設定があるのか分かりづらいのも欠点です。

ここでWindowsの隠しコマンド「GodMode」を使えば、まさに神のごとくWindowsの各種設定画面にダイレクトに飛ぶことが可能。エクスプローラーの形式で表示されるので、並び替えやアイコン(小/中/大/特大)・一覧・詳細などの表示が選択できます。

Windowsの「GodMode」隠しコマンドは、まずデスクトップで右クリックして「新規作成」から「フォルダ」を選択。新しいフォルダができたら「名前の変更」を選択します。ここでフォルダ名に文字列「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」を入力するのです。

Windows隠しコマンドでアイコン変身

すると、フォルダアイコンがコントロールパネルのアイコンに変身。これで「GodMode」の完成です。どこに設定があるか分かりづらかったコントロールパネルが、劇的に使いやすくなります。通常のコントロールパネルでは不可能な設定画面のショートカットも作成可能です。

Windows10には「GodMode」以外にも、同様の隠しコマンド操作で各種設定画面のショートカットを作れます。これらの隠しコマンドを活用すれば、Windowsの操作性は劇的に向上するでしょう。

各種設定のショートカットを作成する隠しコマンドは、新規作成したフォルダの名前に以下の文字列を入力。冒頭の「○○.」は任意の半角英数字を入力します。例えば「マイコンピューター」であれば「○○.{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}」といった具合です。

「ネットワーク」であれば「○○.{208D2C60-3AEA-1069-A2D7-08002B30309D}」、「最近使った項目」なら「○○.{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}」。「電源プランの選択またはカスタマイズ」は「○○.{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}」です。そのままコピペするとアイコン名が「○○」になります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Windows隠しコマンド「神モード」何ができる?