ブルーレイ・DVDコピーツール「DVDFab12」を使えば、ブルーレイ・DVDの映像を丸ごとバックアップすることが可能です。最もシンプルなのはリッピングとメディアへの書き込みを1度に行ってくれる「フルディスク」機能でのコピー。数クリックで、ブルーレイやDVDをそのまま空のメディア(BD-RやDVD-R)に複製できます。

ブルーレイ・DVDコピー前に設定変更

「DVDFab12」には標準でコピープロテクトの除去機能が搭載されています(日本のパッケージ版には非搭載)。うっかり違法コピーをしないためにも、初回起動時に必ずプロテクト除去機能をOFFに設定してください。

合法的にコピーするには、初期設定でONになっているコピーガードの除去機能をすべてOFFにする必要があります。トップ右上の▼ボタンを押し、「共通設定」からDVD、Blu-rayそれぞれの項目で「DVD保護」「Blu-ray保護」のチェックをすべて外しましょう。

ブルーレイ・DVDを丸ごとコピーする方法は、まず公式サイトより「DVDFab12」をインストール。ドライブにコピーしたいブルーレイ・DVDをセットしてDVDFab12を起動し、上部タブの「コピー」から「フルディスク」を選択します。

ソフトがブルーレイ・DVDを認識すると、ディスクの情報が自動で読み込まれるので、完了するまで待機。続いては出力先の選択です。空のディスクに複製したい場合は、ディスクドライブを指定し、「開始」ボタンをクリックします。

ブルーレイ・DVDを丸ごとコピーする

すると、タスクキューマネージャ画面が表示され、リッピングが開始。ステータスを確認しながら、取り込みが終わるまで待ち。完了すると自動でドライブが開きます。

続いて、空のディスクをドライブに挿入。メディアを認識するとライティングがスタートします。ディスクへの書き込みが完了すると、ポップアップ画面が表示。メディアを取り出し、BDプレーヤーなどで再生できることを確認しましょう。

また、フルディスクでのコピー以外にも、ブルーレイ・DVDの映像をISOイメージとしてPCのHDDにバックアップするのもメジャーな方法。空のメディアにいちいち焼くのがメンドウな場合や、PC内で映像を再生・管理したい時はISOイメージでの抜き出しがオススメです。

データをディスクに焼かずにHDDに保存したい場合は、出力先にHDDなどを指定します。保存したISOイメージは、コンバーターで他の形式に変換したり、フリーソフトでそのまま再生可能。後からディスクに焼くこともできます。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ブルーレイ・DVDを空のメディアに丸ごとコピー