高速道路のスピード違反の取り締まりを行っているのは「高速道路交通警察隊」、通称「高速隊」です。中でも、高速隊の覆面パトカーによる取り締まりは、外観から判別できないため要注意。そんな高速隊の覆面パトカーの車内は、取り締まり中はいったいどんな雰囲気なのでしょう。高速隊のOBに話を聞きました。

高速道路の覆面パトカーは常に警戒

高速隊の覆面パトカーは、第1通行帯を走っていることが多いといいます。「前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマも携帯電話を使っていないかとか、チェックしているのでムダ口は少ないですね」といいます。

ただし、新人が入ってくると車内の様子もガラリと変貌。「ベテランがハンドルを握りながら、いろいろ教えます。取り締まりの現場というのはケースバイケース。なので、いろいろ見せて取り締まり方を覚えさせます」とのことです。

新人隊員への教育は、頃合いを見計らってハンドルを実際に握らせることになります。すると「まぁ、いろいろやってくれます」と話します。

高速道路の覆面パトカーの車線変更

高速道路を走行する覆面パトカーは速度違反車を見つけても、すぐに車線変更をして追い上げていくことはありません。気づかれないように、間合いをとってから車線を変更して追尾します。

「でも、こっちは80km/hで走っていたわけですから、150km/hで走っている違反車に追いつくためには、相手以上のスピードを出さないと追いつけない。そうなると事故ることもありますよ」というのです。

「覆面パトカーなら赤灯を下げれば一般車ですが、黒白パトカーが事故っていると目立ってしょうがない。レッカー車が来てカバーをかけるまではさらし者です」と話してくれました。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速道路で取り締まり中の覆面パトカー内の会話