一般的には、ホテルは旅行に出かけた時に利用するもの。しかし、なかには都内に住んでいながら東京のホテルに泊まる、あるいは世界各地のホテル巡りを楽しみに旅行する「ホテル好き」が存在するのです。そうしたホテル好きが選ぶクレジットカードには、世界6千以上のホテルで優待を受けられる特典が付いているのでした。

SPGアメックスカードで資格が昇格

「スターウッド プリファード ゲスト(SPG) アメリカン・エキスプレス・カード」は、大手ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルとアメリカン・エキスプレス(アメックス)が提携して発行しているクレジットカードです。

SPGアメックスカードの年会費は3万4100円と、アメックスのゴールドカード年会費3万1900円より少し高めの設定。このカードがホテル好きに人気の理由は、世界に約6700あるマリオット系列のホテルで優待があることです。

マリオット系列には、日本でいえば「リッツカールトン大阪」のような高級ホテルから、中級の「モクシー東京」まで、さまざまな価格帯のホテルが揃っています。

そして、SPGアメックスカードの会員になると、マリオットのポイントプログラム「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」の会員資格がいきなりゴールドエリートに昇格します。

SPGアメックスカードのポイント還元

ゴールドエリート会員は、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトが利用できます。これだけでも、ホテルの利用回数が多い人にとっては十分に魅力的です。

ポイントは、普段のショッピング利用で100円につき3ポイントが貯まるほか、マリオット系列ホテルでは1米ドルあたり12.5ポイント加算。このポイントをホテル内で使う場合の交換率は、250ポイントにつき1米ドルです。

SPGアメックスカードのポイント還元率はショッピングでも1.2%、ホテル利用になると5%にもなり、かなりお得なカードといえるでしょう。

SPGアメックスカードで毎年宿泊券

さらに、SPGアメックスカードの2年目以降の会員継続時には、マリオット系列ホテルの無料宿泊券がプレゼントされるのもうれしい特典です。

この無料宿泊券は、最大5万ポイントまでの部屋で利用可能で、国内であれば通常時のウェスティンホテル東京がちょうど5万ポイント。宿泊価格を見てみると1泊3万7240円なので、SPGアメックスカードの年会費以上の金額になります。

そのほか、Mariott Bonvoyのポイントは航空会社40社のマイレージへも移行可能。JALとANAの場合、交換率は3ポイント=1マイルなので、ショッピングで貯めたポイントはAMEXのゴールドカードと同レベルです。ホテル利用分はその5倍なので、SPGアメックスカードはマイルを貯める手段としても有効なのでした。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ホテル好きが持つSPGアメックスカードの特典は?