市街地の一等地に店を構え、高級ブランドから生活必需品までさまざまな商品を取りそろえる百貨店は、いまだ根強いファンがいます。そして、百貨店ファンであれば見逃せないのが系列クレジットカードで、その多くがポイント還元率が5%以上。国内大手百貨店3グループについて、どれだけ系列カードでお得になるかを見ていきましょう。

百貨店クレジットカードで10%還元

現在、百貨店で売上ナンバー1の三越伊勢丹ホールディングスは、系列のカード会社・エムアイカードからさまざまなクレジットカードを発行しています。なかでも、三越・伊勢丹・丸井今井・岩田屋といった三越伊勢丹グループ百貨店で利用するとおトクになるカードが「MICARD+」です。

MICARD+は通常カードの場合、三越伊勢丹グループ百貨店で1点3000円以上の商品を購入するとMIポイントが100円につき5ポイント貯まる仕組み。貯まったポイントは、1ポイント1円として三越伊勢丹グループの各店舗でショッピングに利用できるため、還元率は5%です。

また、三越伊勢丹グループ百貨店での年間ショッピング金額が30万円を超えると翌年から100円につき8ポイント、100万円を超えると100円につき10ポイントと還元度がアップします。ただし、このポイントアップは1点3000円以上の商品に限られ、1点3000円以下の商品やレストランでの利用は100円につき1ポイントとなるので注意が必要です。

売上国内2位のJ.フロントリテイリングでは、「大丸松坂屋カード」を発行中。こちらは、グループ内の百貨店である大丸・松坂屋でのショッピングで利用すると、商品価格に関係なく100円につき5ポイント(特価品や食品・レストランは100円につき1ポイント)が貯まり、1ポイント1円として大丸・松坂屋で利用可能です。

百貨店クレジットカードにボーナス

大丸松坂屋カードは、大丸・松坂屋以外での利用分も100円につき1ポイントが貯まり、半年間に獲得したポイントが5000~9999ポイントの場合20%、1万~14999ポイントで50%、1万5000ポイント以上は100%のボーナスポイントが入手可能。大丸・松坂屋の利用だけで考えると、30万円以上のショッピングで還元率が10%になります。

なお、J.フロントリテイリングのグループ内には、大丸・松坂屋のほかにパルコがありますが、こちらは大丸松坂屋カードの優遇対象外です。パルコでは、クレディセゾンとの提携カード「PARCOカード」を発行しているため、こちらを利用した方がお得です。

国内第3位の百貨店・高島屋が発行する「タカシマヤカード」の場合、高島屋直営の百貨店エリアでのショッピングは100円につき8ポイント、テナントとして出店している各店舗・レストランでは100円につき3ポイントが貯まる仕組み。貯まったポイントは、2000ポイント貯まるたびに2000円の高島屋お買い物券と交換する仕組みです。

また、高島屋の場合、クレディセゾンとの提携カード「タカシマヤセゾンカード」も発行していますが、高島屋直営の百貨店エリア、テナント店いずれも100円につき2ポイントと還元率は低めです。そこで、高島屋でのショッピング利用が多い人はタカシマヤセゾンカードではなくタカシマヤカードを選ぶ方がお得でしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「百貨店クレジットカードは還元率が高くて狙い目