交番の警察官がパトロールの足として利用している自転車が通称「白チャリ」。制服姿で自転車を漕ぐ警察官を見かけることは少なくありません。かつては、警察用といえば三角フレームを持つタイプが主流でしたが、最近は一般的なママチャリタイプが主流です。この白チャリが1台どのぐらいの値段なのか調べてみました。

白チャリにも警察用ならではの装備

交番や警察署で見かける警察官用の自転車「白チャリ」は、現在はママチャリタイプが主流です。パトカーのように、細かい特殊装備の指定がないこともあり、さまざまなメーカーの自転車が採用されています。

とはいえ、そうしたなかでも警察用ならではの装備が、前輪部分に取り付けられた筒状のケースと、座席後部にある書類ケースです。このうち、筒状のケースは古いタイプの警棒がちょうど入るサイズになっていますが、現在は交通整理に使う誘導灯を入れるために使われています。

また、警察官用の変わりダネ自転車としては、埼玉県警が「クロスバイク」を購入したことがありました。「ハイパー・サイクル・ポリス」として2013年から導入。2015年を最後に新規購入は行われていないようです。

白チャリは1台あたり2~3万円程度

それでは、警察が購入している白チャリの価格はどれぐらいなのでしょうか。調べてみると、愛知県警が2018年に購入した自転車の価格が判明しました。

愛知県警は、2018年6月に自転車を61台購入していて、合計価格は約151万円。1台あたりにすると24900円になる計算です。また、2015年も同様に73台の自転車を購入し、1台あたりの価格は2万7700円でした。愛知県警の自転車は、予算が1台あたり2~3万円程度と考えてよさそうです。

市販されている国産メーカーの自転車の価格と比較すると、丸石自転車の27インチタイプのものが近く、実売価格が22800円となっています。一方で、ブリジストンやパナソニックの自転車は実売で5万円以上するモデルがほとんど。愛知県警の白チャリは、比較的廉価なモデルといえるでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「交番の警察官が乗る「白チャリ」価格が判明した