「白バイ」は交通違反の取り締まり専門部署である交通機動隊の中でも、白バイ隊員だけが乗ることができる乗り物。日々の訓練で磨いたテクニックで違反車を追いかける、まさに交通取り締まりの主役といえるでしょう。そんな白バイが得意としているのが、追尾式の速度取り締まり。その時に見せる白バイの神テクを見ていきましょう。

白バイは橋に合流する脇道で待ち伏せ

速度違反で「白バイ」に注意しなければならない理由は、マシンの加速性能や運転テクニックだけではありません。白バイ隊員はスピード違反が起こりやすいポイントを熟知しています。そして、時にはドライバーの心理さえ手玉にとって違反キップを切っているからです。

現行の白バイの主力モデルはホンダの「CB1300P」。重厚感にやや欠けるハーフカウルのフロントが特徴の白バイです。2009年に導入開始して以来、毎年のように細かな改修を重ねて現在に至っています。

そんな白バイが待ち伏せしているのが、信号が少ない見晴らしのよい「橋」。スピードが出やすい橋に合流する脇道に白バイは待機。そして、一斉に向かってくるクルマに目星をつけて加速していくのです。

白バイはクルマ背後の死角に潜り込む

脇道から本線に入った白バイは、下り坂を利用して加速します。そして、目星をつけたクルマを追尾して車速を計測。道路の形状によっては、トラックなどの背後に身を潜めてから、直線に入ったところで追尾・計測することもあります。

白バイの待ち伏せ場所で気を付けたいのは橋の上だけではありません。「流れが悪い集団」にも注意が必要です。というのも、白バイは流れの悪い集団の先頭に回って、そのままゆっくり走行。猛スピードで追い越すクルマを待っていることがあるからです。

しかも、追い越しを確認してもすぐにスピードを上げずに追走。信号などでドライバーが気を抜く瞬間にクルマの背後に潜り込み、サイドミラーとルームミラーのちょうど死角に入る神テクを駆使します。

あとは、赤色灯を点灯させて7秒ほど追尾して車速を計測。速度違反を確認すると、サイレンを鳴らして取り締まるというわけです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイが追尾式の速度取り締まりで見せる神テク