いまや高速道路を走るのに欠かせない存在といえるのが「ETCカード」です。ETCカードはクレジットカードで決済するため、諸事情でクレジットカードが契約できない人の利用が難しくなっています。実は、そうした人向けにクレジットカードなしで作れる「ETCパーソナルカード」というサービスがあるのでした。

ETCパーソナルカードは年会費アリ

「ETCパーソナルカード」は、あらかじめ平均利用月額を4倍した額をデポジットとして預けることで、その金額の80%までETCが利用できるようになるサービス。年会費は1257円です。

ETCパーソナルカードのデポジット金額は2万円以上から2万円単位で選択可能。ただし、デポジット2万円の場合のみ利用可能額は70%までです。デポジット自体が支払い保証になるため、与信審査はありません。

ただし、デビットカードと違ってデポジットはあくまでも補償金で、通行料金の精算はデポジットと別に銀行口座から引き落とされる仕組みです。

ETCパーソナルカードの申し込みは、SAのインフォメーションセンターにある専用の申し込み用紙を郵送。申し込みが確認されると、事務局からデポジット用の払込票が届くので必要金額を入金。入金確認後2週間ほどで、手元にETCパーソナルカードが届きます。

ETCパーソナルカードの利用停止

届いたETCパーソナルカードは、通常のETCカードとほぼ同様に使え、通行料金もETC割引が適用になります。また、ETCマイレージサービスの登録も可能です。ただし、利用額がデポジット金額の80%を超過するとカードが利用停止になります。

限度額オーバーしたETCパーソナルカードでは、基本的にETCゲートは開きません。ただし、限度額オーバーから利用停止まで2日かかるため、行きに限度額を超えても、その日のうちに帰るなら利用停止にならないようです。

利用停止になった場合、毎月27日にある銀行引き落としまで高速道路を利用しないか、デポジットを増額して利用限度額を引き上げる必要があります。とはいえ、デポジットの増額には事務局から郵送される払込票が必要で、手続きには1週間ほどかかります。

クレジットカードで作るETCカードと比べ、利用に制限があるのがETCパーソナルカード。高校生や過去の借金でクレジットカードが契約できない人も使えるのがメリットです。ETCなしでは高速料金は確実に割高。そうした人にはETCパーソナルカードは強い味方といえるでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「クレカなしで作れる「ETCパーソナルカード」とは