文章を書くにしても画像を加工するにしても、パソコンでの作業にはコピー&ペースト(コピペ)は欠かせません。そして、Windows10にはコピペに便利なキーボードのショートカットが用意されています。その中から、Windows10で強化されたクリップボードの使いこなし術を紹介しましょう。

Windows10クリップボード履歴の設定

「クリップボード」とは、テキストや画像のコピー&ペーストに必要な一時的な保存領域のこと。通常は「Ctrl」+「c」でコピーした最新の内容が保存されています。これを「Ctrl」+「v」でペーストするのが、いわゆるコピペです。

標準状態では、コピペできる内容は1つだけ。新たなテキストをコピーすると、その前にコピーしたものをペーストすることはできません。ところが、Windows10ではクリップボードが強化され、過去にコピーした内容を「クリップボード履歴」として呼び出す機能が追加されているのです。

この機能を使うには、「スタートボタン」→「設定」→「システム」→「クリップボード」の順にクリックすると現れる画面で「クリップボードの履歴」をONに設定します。

クリップボード履歴をONにすると、キーボードのショートカット「Windows」+「v」で開くウィンドウ内に、クリップボード履歴一覧が表示。一覧の項目をクリックすると、ペーストする内容が置き換わります。

Windows10クリップボードにキャプチャ

このクリップボード履歴が保存されるのは、テキスト・画像(BMP・JPEG・PNG)・HTMLデータ。保存数は25個までの制限があるため、古くなったものから消える仕組みです。テキスト・画像・HTMLそれぞれに合計4MBまでという容量制限もあります。

さらに、Windows10には表示画面を簡単にキャプチャーしてクリップボードへコピーするショートカットもあります。それが「Windows」+「shift」+「s」を押す方法で、画面が暗くなるとともに、マウスのポインタが十字型に切り替わります。

この状態で十字型のポインタをドラッグすると、キャプチャする範囲を指定でき、ドラッグを完了した時点でその範囲がクリップボードにコピーされます。コビーした画像については、Windows標準アプリ「ペイント」を使って編集可能。もちろん、その他の画像編集ソフトでも利用可能です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「超便利!Windows10で過去のコピペを復活させる