追尾式のスピード取り締まりを得意とする「覆面パトカー」は、トヨタ・クラウンが主力モデルです。とはいえし、走行中の覆面パトカーを外観から見分けることはほぼ不可能。しかも追尾式で取り締まりをする覆面パトカーを判別するのは至難の業です。そこで、覆面パトカーの追尾式スピード取り締まり回避法を紹介します。

覆面パトカーは取り締まりで待ち伏せ

覆面パトカーによる追尾式スピード取り締まりには、決まったパターンがあります。基本的には、後方から勢いよく飛ばしてくる違反車に効率的に巡り合おうとするのが覆面パトカー。このため、覆面パトカーが待ち伏せする場所を知っておくことが、追尾式取り締まり回避のポイントです。

覆面パトカーの追尾式スピード取り締まりが多発する場所の1つに、本線を見下ろせるパーキングエリアの出口付近があります。高速道路だけでなく一般道では、スピードが出やすい本線が見渡せる脇道は、追尾式スピード取り締まりで覆面パトカーが待ち伏せする場所です。

ここで覆面パトカーは、目視やエンジン音でスピード違反を判別。タイミングを合わせて発進して、あっという間に追走します。クラウンの覆面パトカーは3,000ccもしくは3500ccとハイパワーです。

覆面パトカーの追尾式スピード取り締まりの待ち伏せ場所では、第1通行帯を走る大型トラックの前も要注意。一般車を装って、息を殺して違反車が後方から飛ばして来るのを待っています。

覆面パトカーはすぐに車線変更しない

この時、スピード違反の車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更しません。覆面パトカーは第1通行帯を走りながら、スピード違反車との距離を詰めていくのがお決まりのパターンです。

というのも、違反車は真後ろから追い上げてくる自分より速いクルマには敏感。このため、覆面パトカーは違反車を追尾可能な距離に捕らえてから追い越し車線に移動して、追尾式のスピード違反の測定を開始するのです。

追尾式のスピード取り締まりでは、違反車は130km/hや140km/hを出しています。毎秒35m以上も進むことになるため、200mの追尾だとしても6~7秒もあれば測定が終了するのでした。

スピード測定後は、覆面パトカーは反転式の赤色灯を点灯させてパッシング。リアウィンドウに設置されている電光掲示板のパトサインで左車線に移動するよう促され、サービスエリアやバス停などに誘導されるのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「覆面パトカーの追尾式スピード取り締まり回避法