「チョコボール」などの当たり付きお菓子は、パッケージの印刷や裁断のズレで当たりを見つけるのが常套手段。しかし、チョコボールは外見で当たりを見破られないよう、メーカーが努力を続けたことで判別の難易度がアップしているのです。チョコボールには当たりのダミーが存在することを忘れてはいけません。

チョコボールのエンゼルを特定する

長年愛されている森永製菓の当たり付きお菓子「チョコボール」。チョコボールは当たりである金のエンゼルは1枚、銀のエンゼルは5枚で景品「おもちゃのカンヅメ」に交換できます。

チョコボールのエンゼル攻略は、パッケージの印刷や裁断のズレから仲間外れを探していくことで、エンゼルを特定していくのが基本です。

当たりとはずれはそれぞれ別の生産ラインで作られるため、完全に外見が同じものを作るのは物理的に不可能。つまり、エンゼルのパッケージは、印刷や裁断の位置がわずかに違ってくるはずなのです。

エンゼルは必ず全体から見ると数が少ない少数派。チョコボールは仲間外れを探していくことで、当たりを特定することが可能となるのです。

チョコボールのエンゼルにはダミー

チョコボールのエンゼルは1ケース(20個入り)の中に約1個。0個の場合もあれば複数個の場合もあります。ただし、ここで注意しなければならないのが「ダミー」の存在です。

ダミーとは、メーカー側が当たり対策として意図的に封入してくる、エンゼルが描かれていないパッケージのこと。他の多数のはずれと違いがあるため、当たりと誤認しやすいのです。

すなわち、チョコボールのエンゼルを見分けるには、単にグループ分けして仲間外れを見つけるだけではダメ。ダミーが存在することを認識したうえで、仲間外れを探していかなければならないのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?
チョコボールのエンゼルは側面の英数字で分かる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「チョコボールのエンゼルは「ダミー」が存在する