犯罪を未然に防ぐために「職務質問」が必要なことは理解できます。とはいえ、職務質問はなるべく手短にかつ穏便に済ませたいところです。実は職務質問には、スンナリ解放してもらうためのテクニックが存在。さらには、警察官の態度が急変するNGワードもあるのです。詳しく見ていきましょう。

職務質問ですぐに身分証を提示する

「職務質問」はいわば、警察官が質問をすることで相手の不審点を探っていく作業。やましいことがなければ、最低限の労力で早く解放されるに越したことはありません。

職務質問でスムーズに解放されるテクニックは、自身の身分を即座に明かすことです。免許証や保険証などの身分証明証を常に出せるようにしておくと、協力的な対象とされて警察官からの好感度がアップします。

自転車に乗っていても、職務質問で呼び止められたら自転車から降りて対応することもテクニックの1つ。協力的であれば持ち物検査などを省略される可能性が高まるわけです。

一方で、職務質問でやってはいけない行動もあります。警察手帳を見せるよう求めるなど警察官を本物かどうかを疑う行為が1つ。もう1つは「ほかに捕まえるべき奴らがいるでしょ」とケンカ腰で応対する行為です。

警察官の職務質問スイッチを入れる

これらの行動は警察官の自尊心を非常に貶めることになり、プライドを傷つけてしまいます。「職務質問ぐらいで、なぜあなたはそこまで焦る必要があるんですか?」と警察官の態度が急変。警察官側の職務質問スイッチを入れてしまう可能性があるのです。

「俺らの税金で飯食ってクセに」などと言おうものなら「別にあなたから給料をもらっているわけではない」と警察官の心証は最悪。不審に思われて、警察無線で応援を要請する事態になりかねません。

職務質問中に警察官が無線で応援を頼むと、近場から大勢の警察官が集結することに…。すみやかに解放されるためにも、職務質問でスムーズに解放されるテクニックを覚えておきましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「職務質問で警察官の態度が急変するNGワードとは