「新型オービス」による取り締まりが全国各地で報告されています。新型オービスは「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプありますが、特に多いのが可搬式。東京航空計器が製造している「LSM-300」です。最大の特徴はスピード測定にレーザー式を採用していること。レーザー式の新型オービスの速度測定性能に迫ります。

レーザー式採用の新型オービスが導入

「新型オービス」の試行運用が始まったのは、さかのぼること2014年。道路脇にポールを埋めて設置する「固定式」と、台車などで移動する「半可搬式」、三脚に載った最も小型な「可搬式」の3タイプを検討。速度測定はいずれもレーダー式を採用していました。

このうち、固定式の新型オービスは2016年3月から埼玉県と岐阜県で運用開始されています。ただし、埼玉県の新型オービスは2018年2月に放火によって一時運用停止。現在は監視カメラを増設して運用されています。

半可搬式の新型オービスは2016年に突如、国産唯一のオービス製造メーカーである東京航空計器が製造する「LSM-300-HK」に変更。こうして、レーザー式を採用した新型オービスが導入されました。

可搬式の新型オービスについても、2017年4月に東京航空計器が「LSM-300」をお披露目。こちらも速度測定方式はレーザー式です。なお、可搬式の新型オービスとして当初から検討されていたセンシス社の「MSSS」も、幹線道路などでの速度取り締まりで目撃されています。

レーザー式の新型オービスの目撃場所

「LSM-300」の撮影ユニットはタテ型。レーダー式やループコイル式のオービスの撮影ユニットのような形状です。本体には、上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーが並ぶ構造となっています。

一方の「LSM-300-HK」は、円筒形の台座に立てられたポールの先に撮影ユニットが設置された形状。向かって左がストロボ、右の丸い開口部が撮影用カメラ、その下の四角い開口部がレーザースキャンセンサーです。小さな丸い開口部は照準用カメラになります。

そして、レーザー式の新型オービスが速度違反を判定するのは、オービスの手前25mから30m、撮影ポイントは20m手前です。また、取扱説明書には「一定速度で回転するミラーによる投受光のため、同じ経路の反射光しか受光しない」と記載。他建造物や他車両の多重反射の影響を受けない旨が書かれています。

新型オービスが導入された大きな目的は、通学路などの生活道路の事故対策。今までのネズミ捕りと違い、カメラで記録できることがメリット。違反車両をその場で停止させたり、違反キップを切ったりするスペースが必要ありません。

実際、レーザー式の新型オービスは生活道路での速度違反の取り締まりで多く目撃されています。一方で、幹線道路などでの取り締まりの報告もあとを絶ちません。常に制限速度を守って安全運転を心がけましょう。(写真/板倉正道)

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「レーザー式の新型オービスの測定ポイントが判明