道路標識のなかで制限速度と同じぐらい注意しなければならないのが「駐車禁止」の標識でしょう。駐車禁止の標識がある道路にクルマを駐めると違反になるのは当然ですが、実はそれ以外にも標識がなくても駐車禁止の場所は数多く存在しています。そこで、駐車禁止の標識なしでも駐車違反を取られるポイントを確認しておきましょう。

標識がなくても駐車禁止になる場所

「駐停車禁止」と「駐車禁止」の場所には、大きく分けて2パターンあります。ひとつは駐停車禁止・駐車禁止の標識が出ている場所。どの道路を駐停車禁止や駐車禁止にするかは、各都道府県の公安委員会が決めています。

そして、もうひとつは道路交通法で駐停車禁止や駐車禁止がすでに決まっている場所です。実は、法律上の駐停車禁止ポイントは数多く存在しています。

全部並べると「交差点・横断歩道・踏切・坂の頂上付近・勾配の急な坂またはトンネル・路面電車の線路・路面電車の停留所前後10m以内・安全地帯の左側と前後10m以内・交差点や曲がり角から5m以内・踏切の前後10m以内・横断歩道の前後5m以内」となります。

このうち、踏切の前後10m以内・横断歩道の前後5m以内と聞いて、意外に思う人も多いかもしれません。踏切や横断歩道は一時停止しなければならない場所でもあるからです。しかし、これらの一時停止は駐停車禁止の例外になっていて、むしろ一時停止をしない場合に違反を取られてしまいます。

意外と知られていない駐車禁止場所

駐車禁止に絞ると、法律上の禁止ポイントはさらに増えます。すべてを挙げていくと、「車庫の出入口から3m以内・消火栓や防火水槽の吸入口から5m以内・消防器具置場や防火水槽から5m以内・道路工事場所から5m以内・火災報知器から1m以内」です。

車庫の出入口から3m以内というのは、意外と知られていない駐車禁止ポイント。例えば、大都市郊外で一戸建ての建売住宅が並ぶ地区の場合、道路に駐車禁止の標識がないとしても、各戸に駐車場があるため事実上、ほぼ駐車禁止になっていたりします。

逆に、駐車禁止になっていないという意外な場所もあります。それはパーキングメーターやパーキングチケットが設置された道路です。

メーターやチケット発券機が動いていない時間帯は駐車禁止の指定自体がなくなるため、無料で駐車できます。ただし、駐車禁止の標識が併置されているケースもあるので注意が必要です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「標識なしでも駐車違反を取られる意外な場所は?