クレジットカードを使おうとして「このカードは使えません」といわれ、びっくりした経験がある人も少なくないでしょう。支払いが遅れているのであれば本人も分かりますが、意外と気づきにくいのが利用限度額を超えてしまうパターン。利用限度額をオーバーしてカードが使えない場合、どう対応するのが正解なのでしょう。

限度額オーバーを繰り上げ返済で回避

基本的に後払いとなるクレジットカードには、過去の利用実績や年収などに応じた利用限度額が設定されています。現在の利用限度額や利用可能額は、毎月届く明細書やWebサービスなどから確認可能。計画的にカードを使っていれば超えてしまうことありません。

とはいえ、急なイベントごとでカード利用が一時的に増えて、利用限度額を超えてしまった経験がある人も多いでしょう。限度額オーバーの状態では、当然そのクレジットカードは利用できません。レストランなどで「このカードは使えません」といわれ、恥ずかしい思いをすることになります。

クレジットカードが利用限度額オーバーになった場合、それを解消する確実な方法は「残高を繰り上げて支払う」というもの。繰り上げ支払いは、一括払い分についてはカード会社へ連絡をして手続きをとり、カード会社が指定する返済用の銀行口座へ振り込む方法が一般的です。

限度額オーバーする前に事前に手続き

リボ払いの残高がある場合は、より簡単に利用限度額オーバーを解消することが可能で、リボ残高分をATMから返済すればOK。コンビニのATMであれば24時間使えるため、限度額オーバーに気づいたあとすぐに返済し、翌日に解消することも可能です。

また、限度額オーバーになってからでは手遅れですが、クレジットカードによっては利用限度額を一時的に増やすサービスを提供していることもあり、事前に手続きをすることで限度額オーバーを回避できます。ただし、一時的な増額には審査があるため、今日手続きを行い明日からというわけにはいきません。

利用限度額を一時的に増額できる期間は2ヶ月間など決まっていて、利用できるのは一回払いのみとなります。結婚式など多額のカード利用が必要になるイベントは、数ヶ月前から予定が決まっているケースがほとんど。そこで、スケジュールにあわせたタイミングで利用限度額の増額を申し込むとよいでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「クレジットカード限度額オーバーどう対処する?