政府の旅行支援事業「GoToトラベル」が、高速道路乗り放題プランも対象になり、NEXCO各社から対応プランが発売中です。このうち、NEXCO西日本が発売するプランを詳しく見ていくと、GoToトラベル対象プランと非対象プランではETC乗り放題エリアも価格もほぼ同じ。GoToトラベルを利用した方が断然お得なのです。

ETC乗り放題エリアが違うのは四国のみ

NEXCO西日本では、ETC乗り放題プラン「西日本観光周遊ドライブパス」を発売中です。そして、各プランには政府からの給付金が受けられるGoToトラベル対象のものと、対象にならないものが用意されています。

普通車・軽自動車等の場合、GoToトラベル対象プランは13種類、非対象プランは12種類ありますが、ETC乗り放題エリアを比較するとほぼ同じ。エリアが異なるのは、GoToトラベル対象プランでは「四国乗り放題プラン」に本四高速3路線を含むパターンが追加されているのみです。

価格についても、同じ乗り放題エリアであればGoToトラベル対象プランと非対象プランでは同額。つまり、同じドライブ先であれば、GoToトラベル対象プランを選んだ方が35%の割引と15%の地域共通クーポン券を受け取れるぶんお得になるのです。

ETC乗り放題プランのボタンが表示

GoToトラベル対象のETC乗り放題プランを利用する条件は、ひとつがGoToトラベル対象のホテル・旅館へ直接予約したうえ、GoToトラベル仲介サイト「STAYNAVI」へその予約情報を登録することです。予約情報を登録後、WebサイトにNEXCO各社のETC乗り放題プランへの申し込み用ボタンが表示されます。

NEXCO西日本のETC乗り放題プランを利用する場合、同社の乗り放題プランのブランド名「みち旅」のボタンをクリック。すると、「滋賀・京都・若狭乗り放題プラン」「京都・兵庫乗り放題プラン」といったGoToトラベル対象の乗り放題プランが表示されるので、ドライブ先に合わせたものを選び申し込みます。

そして、ここでもSTAYNAVI登録用の予約情報が表示されるので、STAYNAVIのサイトへ戻りこちらも登録すれば手続きは完了。あとは、申込日に予定通り高速道路を利用し、予約したホテル・旅館に宿泊することで、高速道路乗り放題プランが35%割引となります。

宿泊が条件となるため、GoToトラベル対象の高速道路乗り放題プランは日帰りドライブでは利用できず、その場合は非対象プランを選ぶことになります。また、4万円×宿泊人数×宿泊数から宿泊代金を引いた価格が2000円未満の場合、高速道路乗り放題プランはGoToトラベル対象外となるため注意が必要です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「GoToトラベル対象ETC乗り放題プランの利用方法