商社の海外駐在員といえば、アメリカなどごく一部の国を除けば複数の国を担当するのが当たり前です。日本との往復を含めれば、毎月のように国際線に乗る機会も少なくありません。そうした海外駐在員たちが必ず持っている、空港ライフを格安で快適にするあるクレジットカードを紹介しましょう。

空港ラウンジが利用可能なサービス

商社マンなど、ビジネスで国際線を頻繁に利用する人にとって重要になるのが「優先チェックイン」「荷物の重量制限」「空港ラウンジ利用」の3点でしょう。ビジネスクラス・ファーストクラスを利用するのは、豪華なシートもさることながらこの3つのサービスがあるから…ともいえます。

とはいえ、常にビジネスクラス以上で移動するのも運賃が高くつくうえ、満席でエコノミークラスでというケースも出てきます。また、短距離便であればLCCを利用する場合もありますが、こちらはビジネスクラスがありません。

そうしたケースでは、優先チェックインや荷物制限については諦めるとしても、空港ラウンジだけは使いたいという人が大多数。とくに、海外で航空便を乗り継ぐ場合、ラウンジが利用できるか否かで待ち時間の快適さは雲泥の差です。

そうしたビジネスマンのニーズに合わせたサービスが「Priority Pass」。会員になると世界各地の約1300か所の空港にある提携ラウンジが利用可能になります、利用回数無制限となる「プレステージ」会員の場合、年会費が429米ドル(約4万7000円)となっています。

年会費1万1000円で空港ラウンジ利用

しかし、年会費を払わずともこのPriority Passの会員になる方法があります。それはPriority Passが自動的に付いてくるクレジットカードを利用するという方法です。

Priority Passが付属するクレジットカードは、多くがプラチナ・ブラックといった上級カードが基本。しかし、わずか1万1000円の年会費でPriority Passの特典が付いてくるクレジットカードも存在します。それが楽天カードの「楽天プレミアムカード」なのです。

楽天プレミアムカードの存在は、商社の海外駐在員や新聞社の特派員など、国際線利用が多くなる人の間ではよく知られていて、Priority Passのためだけに発行してもらうという人もいるほどです。

とはいえ、Priority Passの利用についてはひとつ注意点があります。それは、ANA・JAL・BAといった大手航空会社が用意する空港ラウンジほどのサービスは期待できないということです。

【関連リンク】
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
航空無線の受信におすすめのハンディ受信機4選
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「海外駐在員が空港ラウンジ狙いで必ず持つクレカ