スマホのGPS機能は便利な一方で「恋人に浮気を疑われてスマホの位置情報をずっと追跡されている」「住んでいる場所が田舎のため出現するポケモンの数が少ない」といった悩みを抱いている人がいるのも事実です。そこで、iPhoneとAndroidでスマホのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法を紹介しましょう。

iPhoneの位置情報をパソコンで偽装

iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装するなら、パソコンの管理ツールを使う方法が簡単です。「Dr.Fone」はパソコンからiPhoneを管理するツール。現在地の変更にも対応しており、これを使えば各種アプリの位置情報の偽装が可能です。実際にマップを移動しているようにも見せかけられます。

使い方は、Dr.Foneを起動したら、「GPS変更」のアイコンを選択。マップが開くので、偽装したい地域を入力して移動します。目的の場所にピンを立て、「ここに移動」をクリック。これで作業は完了です。

実際に移動しているように見せたいなら、ウォーキングモードを選んで移動先や速度を指定することも可能。スマホ側でアプリを開けば、現在地が偽装されているのが分かるはず。自宅に居ながら地方出張しているように振舞えます。

Androidの位置情報はアプリで偽装

Androidの場合、開発者向け機能を利用することでスマホ上で位置情報の偽装ができてしまいます。ここでは無料アプリ「Location Changer」で、現在地をコントロールする方法を紹介しましょう。

使い方は、スマホの設定画面を開いて「開発者向けオプション」→「仮の現在地~」を開き、インストールしておいた「LocationChanger」を選択します。

Location Changerを起動して、偽装したい場所にピンを立てて「START」をタップ。マップアプリを起動すると、現在地が移動しているはずです。SNSアプリを起動しても現在地が変更されていて、これで位置情報を偽装できます。

なお、開発者向けオプションを利用するには、設定画面内にある「ビルド番号」を7回タップ。これで開発者向けオプションが利用可能になります。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法