探偵が浮気調査で最初に調べるのは個人のパソコン。パソコンにはSNSやメールの履歴、さらには浮気相手との写真など、プライベートな情報がたくさん保存されているからです。パソコンで真っ先に狙われるブラウザに保存されているパスワードを抜き出す手口とその対策を見ていきましょう。

パスワード表示ソフトで簡単にわかる

「Google Chrome」「Firefox」「Internet Explorer」「Opera」などのブラウザにはログインを簡略化するため、パスワードを保存する機能があります。しかし、パスワードは暗号化されずに保存されるので、ツールなどを使うことで抜き出すことができてしまうのです。

「WebBrowserPassView」というパスワード表示ソフトを使えば、起動するだけでブラウザに残っているアカウント情報がすべて表示することが可能。第三者でも簡単にパスワードが分かってしまうのです。

WebBrowserPassViewは起動するだけで、ブラウザに保存されているIDとパスワードが一覧で表示される仕組み。面倒な設定やインストールが不要というお手軽さも探偵が愛用している理由です。

パスワード管理ソフトでガードする

そして、こうしたパスワード一覧表示ソフトによるブラウザ保存のパスワード流出を防止するには、ブラウザからすべてのアカウント情報を消してパスワード管理ソフトを使う対策が有効です。

「KeePassXC」は複数アカウントのパスワードを一括管理できるソフト。アカウント情報は暗号化され、マスターパスワードが分からない限り開けない仕組みになっています。保存したIDやパスワードを自動入力してログインする機能もあって、非常に便利です。

初回起動時に「新しいデータベースを作成する」をクリックし、マスターパスワードを設定。「エントリー追加ボタン」をクリックして、タイトル・URL・パスワードなどのアカウント情報を入力します。

そして、保存ボタンをクリックすると、データベースファイルが作成される仕組み。このファイルは暗号化されているので、マスターパスワードを入力しないと開けない仕様です。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ブラウザに保存のパスワードが抜き出される手口