「ジオタグ」とは、写真やTwitterのツイートなどにタグとして追加できる、地図上の位置(緯度・経度)を示す数値データのこと。専用のソフトやアプリを利用すれば、パソコンやスマホで写真の撮影場所の情報を自在に編集することができます。写真の撮影場所の情報を書き替えてアリバイ工作する方法を見ていきましょう。

スマホ上で写真の位置情報を編集する

スマホ上で写真の位置情報を編集したいなら、「Photo Exif Editor」「HashPhotos」が便利です。いずれもGoogleマップ上で撮影場所を指定し、ジオタグを書き換えられる無料アプリです。彼女や妻には出張と偽ってニセ会議の写真を送ってアリバイ工作することもできます。

Androidアプリの「Photo Exif Editor」の使い方は、写真を選択して「地理位置情報」を選択。出張を偽装するなら、いかにもな会議室の写真を選んで、マップ上で偽装したい場所にピンを立てれば、ジオタグを付与できます。

iPhoneでジオタグを編集したい場合は「HashPhotos」。目当ての写真を選択したら上部の「i」ボタンをタップします。マップにピンを立ててジオタグを付与すれば「支店で仕事している写真」の完成です。

パソコンで写真のジオタグを編集する

「GeoSetter」は写真のジオタグ編集ソフト。Googleマップ上で指定した場所のジオタグを写真に付与できます。これを使えば、拾い物写真に位置情報を付けた裏工作が可能です。

使い方は、まずGeoSetterを起動し、ジオタグを編集したい写真を選択します。ここではネットで拾った地方の某コーヒーショップの写真をセレクトしました。「検索」に偽装したい場所を入力してサーチします。

目的の場所が見つかったら地図上をクリックしてピンを立てます。ピンを立てたら「ここに移動」をクリック。これで作業は完了です。Googleフォトなどで写真を開くと、撮影場所が指定した場所に変更されているのが確認できます。フェイクニュースはこうやって作られるのかもしれません。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「写真の撮影場所の情報を書き替えてアリバイ工作