犯罪捜査用としてさまざまな道路上に設置され、それなりに効果を上げている警察の監視カメラが「Nシステム」です。通過車両のナンバーを自動的に読み取り、手配車両データベースとリアルタイムで照合しています。そんな警察の自動車ナンバー自動読取装置「Nシステム」には、さまざまなタイプの端末が存在するのです。

小型で高度化された簡易型Nシステム

2015年6月の第189回国会衆議院法務委員会で、参考人として警察庁刑事局長が「2015年5月末日現在、警察庁が設置している自動車ナンバー自動読取装置いわゆるNシステムの設置台数は1,511式、同じ仕様の装置を都道府県が179式設置」と答弁しました。

この時、警察の監視カメラ「Nシステム」の存在が初めて公のものとなったのです。国費で設置した端末(ナンバー読取機)が1,511式で、それに準ずるものを都道府県で179式、合計1,690式の存在を認めています。

2000年代に入ると国から地方に財源が移譲されたのに伴い、Nシステム端末を都道府県がそれぞれ設置を開始。名称は「車両捜査支援システム」(警視庁)、「悪質重要事件捜査支援システム」(大阪府警)、「緊急配備支援システム」(宮城県警)などバラバラです。

これらは総称して「簡易型Nシステム」と呼ばれています。この簡易型Nシステムは“高度化”された小型のもので、今ではさまざまな場所で見かけるようになりました。

ワイド照射の簡易型Nシステム端末

主な現行のNシステム端末としては、警察庁仕様は2種。パナソニックモバイルコミュニケーションズの警察庁仕様「Ⅶ」(第7世代)は、第5世代端末の更新に使われている現時点での最新機種です。三菱電機の警察庁仕様「Ⅵ」(第6世代)は2009年度補正予算で638式を獲得した際、増設で調達されました。

簡易型Nシステム端末は6種。三菱電機の「MC1」は警察庁仕様の第6世代端末と、同じ筐体を利用したものです。パナソニックモバイルコミュニケーションズの「P5」は一世代前の「P4」とほぼ同じですが、コンポーネント周辺にカバーが装着されています。

日立製作所の「H3」は、早い時期から高い秘匿性を実現していた「H1」を、さらに小型化した現行機種。富士通の「F4」は、赤外線LEDパネルが上下で少し角度を変えてマウントしてワイドな照射で2車線をカバーします。

住友電工システムソリューションの「S1」はこの手の機種としては珍しく、筐体右側面にメーカー名が記載された銘板が付随。日新電機の「NS3」は、ここ数年急速にシェアを拡大している電気機器メーカー(住友グループ)の最新機種です。(文/dumpthecore)

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察の監視カメラ「簡易型Nシステム」最新端末